プレスリリース 2011年

2011年8月19日

お盆期間中における利用状況について
取扱人員は78,900人、前年比103%

全国へ高速ツアーバスを運行するWILLER TRAVEL株式会社(http://travel.willer.co.jp/、代表取締役:村瀬 茂高、以下ウィラー・トラベル)は、2011年度お盆期間中(8月10日~8月18日の9日間)の取扱人員をまとめました。

取扱総人員は前年比103%の約78,900人(前年取扱人員:76,500人)となり、10日~12日の出発が多く、ピークは12日の10,400人という結果でした。

利用目的としては帰省が46%と最も高く、次いで旅行の33%、イベント・コンサートの16%となっております。帰省利用者数に関しては、震災後の「絆」を大切にする意識の高まりを反映して、前年より約4,200人増えた約36,300人となりました。

ウィラーグループは、あらゆる交通機関と連携することにより、簡単・便利と訴求力のある価格を実現して、お客様の「行きたい」を実現していきます。今後も「移動で世界を元気にする企業」をビジョンとして、お客様により多くの安心感と信頼感をもってご利用いただけるよう、安全・安心と同時に新たなサービスの提供を図っていきます。
WILLER株式会社
プレスリリースに関する問合せ先:WILLER株式会社 Public Relations division(広報部)成島 千絵
TEL 03-6911-0282 FAX 03-5323-3074
この商品・サービスに関する予約・問合せ先:0570-200-770


PAGE TOP