プレスリリース 2008年

2008年3月21日

高速ツアーバス「WILLER EXPRESS」の安全運行体制の強化・充実に向けた
第2回「安全運行協議会」の開催について

高速ツアーバス最大手のWILLER TRAVEL株式会社(港区港南1-8-27 代表取締役社長:村瀬 茂高 以下ウィラー・トラベル)ではウィラー・トラベルが企画実施する高速ツアーバス「WILLER EXPRESS」ブランドにおいて、事業の根幹となる安全運行の提供を徹底するため、3月19日に第2回「安全運行協議会」を開催いたしました。

本協議会はウィラー・トラベルならびに当社とパートナーシップ契約を締結しているWILLER EXPRESS運行バス会社の代表者で構成され、高速ツアーバスの運行業務において安全に対する意識の徹底、安全チェックの仕組みづくり等を協議するもので、2007年7月25日に第1回を開催しています。

このたび開催された第2回「安全運行協議会」では、乗務員マナーの向上を目的とした乗務員の代表で構成される「マナー向上委員会」、安全に関する問題点の共有および知識向上を目指した「運行管理者安全共有会」の設置などが新たに決まりました。また、アルコールに対する乗務員の意識の徹底や点呼時におけるアルコールチェック体制の更なる強化、事故を未然に防ぐためのヒヤリ・ハットや事故情報ならびに車両故障情報の共有、第1回の「安全運行協議会」で定められた安全基準規定の見直しなどについて協議・確認を行ないました。協議内容の詳細は以下の通りです。

=========第2回「安全運行協議会」協議事項について=========
■安全運行協議会の具体的行動計画について
・マナー向上委員会の設置
加盟各社の乗務員代表で構成され、WILLER EXPRESS運行上のサービス及びマナーの統一を目的とし、乗務員マニュアルを作成し、各会社へ持ち帰り、指示・徹底をする。年2回の開催。

・運行管理者安全共有会の設置
加盟各社の運行管理者で構成され、安全に関する問題点の共有および知識の向上と、加盟各社の持ち回りによる安全に関する取り組みの共有を目的とし、年2回の開催。

・安全運行協議加盟バス会社への改善調査実施スケジュールと担当者の決定。
年2回実施されており、ウィラー・トラベルから担当者1名とWILLER EXPRESS運行バス会社の代表者1名の計2名で全加盟バス会社を訪問し、改善調査を行う。

・運行計画に沿った試走スケジュールの決定
無理な運行スケジュールを組まないよう、商品企画段階において、事前に各運行バス会社と試走を行う。

・無事故運転距離などの安全運行に関する該当各社への表彰制度を検討する。

■WILLER EXPRESSの運行に関する品質基準について
・アルコールに対する運行乗務員の意識の徹底と、点呼時のチェック体制の強化を図る。

・上記のマナー向上委員会において、乗務員マニュアルと乗務員マナー講習を徹底する。

・WILLER EXPRESSネームプレートを作成し、全運行乗務員が装着することで、加盟各社の安全への意識の統一を図る。

■事故対策および共有スキームについて
・事故を未然に防ぐため、各社の事故情報ならびに車両故障情報の共有スキームを構築する。

・ヒヤリ・ハットの呼びかけとして、月一回、運行乗務員からの報告書を加盟各社で共有する。

ウィラー・トラベルでは、今後も「安全運行協議会」を年2回実施し、ウィラー・トラベルならびに加盟各社によるWILLER EXPRESSの安全運行体制の充実・強化に努めてまいります。
WILLER TRAVEL株式会社はWILLER ALLIANCE株式会社(http://www.willer.co.jp)のグループ会社です。
プレスリリースに関する問合せ先:WILLER ALLIANCE株式会社 広報部 本田 紗也香
TEL 06-6123-7250 FAX 06-6136-5887
この商品・サービスに関する予約・問合せ先:0570-200-770

ご利用ガイド
ご利用ガイドTOP
会員・サービス
会員・サービスTOP
ケータイサイト
ケータイサイトについて
当サイトのURLを送信
上のバーコードからもアクセスできます。
WILLER 公式SNS
twitter
Facebook
youtube
WILLER会員メニュー
新規会員登録
マイページ
Copyright © WILLER TRAVEL,Inc. All Rights Reserved.
グループサイト
WILLER ALLIANCE 世界中の人の移動にバリューイノベーションを起こす
WILLER EXPRESS cafe 緑に囲まれたスタイリッシュなカフェ
高速バス 夜行バスを簡単予約! 宿 ホテル フェリーも取扱中 | SMART TRAVEL
京都丹後鉄道 北近畿タンゴ鉄道は丹鉄として生まれ変わりました