2016年2月19日

ウィラーグループが地方創生を目的に地域商社を設立
〜豊岡市から新たな取り組みを開始〜

WILLER ALLIANCE株式会社(http://www.willer.co.jp/、代表取締役:村瀨 茂高)は、ウィラーグループが考える地方創生を実現するために、2016年3月に地域商社WILLER CORPORATION株式会社(代表取締役:村瀨 茂高、以下ウィラーコーポレーション)を設立します。

ウィラーグループが考える地方創生とは、地方都市が人口減少・少子高齢化に直面するなか「世界とつながり、継続的にまちを元気にすること」です。その姿は「世界とつながる活発な商売が営まれていること」、「安定した利便性の高い交通インフラがあること」、「人が交流するコミュニティがあり、まちににぎわいがあること」、と考えます。

今回新たに設立する地域商社ウィラーコーポレーションは、以下の4点を主な事業内容とし地方創生を実現します。

1、観光資産の商品化と販売
地域に埋もれている観光資産を、ターゲットに合わせた魅力ある着地型旅行商品に開発する支援をします。また、その着地型旅行商品をデータベース化することで、国内外旅行代理店やインバウンドが購入できる仕組みを構築します。

2、地域産品の海外輸出の仕組み作りと販売支援
地域産品を世界に向けたコンセプトに合わせた商品に開発する支援と、生産者が容易に輸出できるプラットフォームを構築します。

3、販売データに基づくマーケティング&コンサルティング
販売実績に基づいた有効な分析データを生産者に提供することで、生産者が、日本だけではなく、世界の動向に合わせた新商品の開発や、商品改善を継続して行うことで、消費者が望む商品を提供できるよう支援します。

4、人の移動に基づくマーケティング
人の移動データをもとに、行動ターゲティングに合わせた商品作りや交通インフラの最適化を行います。これにより、人の集まるコミュニティを創造し、にぎわいを地域にもたらします。


また、ウィラーコーポレーションは、豊岡版DMO機構が掲げる「ローカル&グローバル・マーケティング」と、ウィラーグループが考える地方創生像が共鳴したため「豊岡版DMO機構」に参加することを決定しました。

ウィラーグループは「移動で世界を元気にする」をビジョンとし、ITマーケティング事業と運輸事業を行ってまいりました。これらのノウハウを地方創生に生かし、日本だけではなく世界をマーケットととらえ、地方創生を実現してまいります。

【ウィラーコーポレーション 会社概要】


・会社名:WILLER CORPORATION株式会社
・設立日:2016年3月初旬
・資本金:8,000万円
・代表取締役:村瀨 茂高
・本社:兵庫県豊岡市
・親会社:WILLER ALLIANCE株式会社
≪配信元≫
WILLER 株式会社 パブリック・リレーションズ オフィス TEL:050-1745-0840(担当:成島)

年別プレスリリース


PAGE TOP