2016年9月30日

官民連携で着地型旅行商品のWEB販売を開始
訪日外国人旅行客を誘致し、豊岡の地方創生を目指します

一般社団法人豊岡観光イノベーション、WILLER TRAVEL株式会社、及び豊岡市は、地域の稼ぐ力を高め、観光による地方創生を実現するため、官民連携により、着地型旅行商品のWEB販売を10月1日より開始します。当地域ならではのオリジナル商品を世界に向けて販売し、世界と結びついた輝くローカル都市「LOCAL&GLOBAL」を目指します。
3者の役割は次の通りです。

  1. 一般社団法人豊岡観光イノベーション http://toyooka-tourism.com/ (理事長:中貝宗治)
    新たに造成した訪日外国人旅行客向け着地型旅行商品を、WILLER TRAVELから借り受けるシステムを活用し、10月1日より豊岡市から運営を受託するWEBサイト「Visit kinosaki(http://visitkinosaki.com/)」を通じて販売する。

  2. WILLER TRAVEL株式会社 http://travel.willer.co.jp/ (代表取締役:村瀨茂高)
    着地型旅行商品の予約から決済までをオンライン上で可能にする英語版システムを豊岡観光イノベーションにレンタルする。今回初めて英語版予約システムのレンタルを行う。

  3. 豊岡市 http://www.city.toyooka.lg.jp/ (市長:中貝宗治)
    同市の所有する訪日外国人旅行客向け宿泊予約サイト「Visit kinosaki」の運営を、10月1日より豊岡観光イノベーションに委託する。

豊岡市は名湯として名高い「城崎温泉」や、但馬の小京都「出石」、神鍋高原や竹野浜などの観光地、また、豊岡カバンや出石そばなどの特産品や、コウノトリなど、魅力ある観光資源を多く有しています。
しかし、多くの訪日外国人旅行客は1泊で城崎温泉を訪れるだけで、豊岡市内を周遊することが少ないという現状があります。また現在は、豊岡の魅力ある情報や着地型旅行商品を、世界に発信する手段も限られています。

そこで今回、「Visit kinosaki」のサイト内に、城崎温泉はもちろん、これまで知られていなかった魅力ある周辺地域も周遊できる着地型旅行商品を販売できる機能を追加します。WEB上で販売をすることで、販売データを蓄積し、そのデータに基づいた商品の開発、改善を行い、より消費者に求められる商品を提供することを可能にします。当初は3商品程度の販売から開始し、随時商品数を拡充していく予定です。
【本件に関するお問い合わせ先】
・一般社団法人豊岡観光イノベーション 担当:坂本 亮
E-mail:info@toyooka-tourism.com
TEL:0796-21-9002  FAX:0796-23-7928

・WILLER株式会社 Public Relations division(広報部)成島 千絵
E-mail:koho@willer.co.jp
TEL:03-3474-5405  FAX:03-3474-5406

・豊岡市大交流課 広報 担当:坂本 裕介
E-mail:yuusuke-sakamoto@city.toyooka.lg.jp
TEL:0796-21-9016  FAX:0796-22-3872

年別プレスリリース


PAGE TOP