プレスリリース 2009年

2009年5月8日

GW期間中における利用状況について
取扱人員は6万6千人を超え、前年比+45%の大幅増

全国へ高速ツアーバスを運行するWILLER TRAVEL株式会社(代表取締役:村瀬茂高 以下ウィラー・トラベル)は、2009年度GW期間中(4月24日~5月6日の13日間)の取扱人員をまとめました。
取り扱い総数は+45%の66,282人(前年取扱人員:45,814人)となり、3年連続して好調に推移しました。

■移動の交通手段として定着
好調に推移した要因として、昨年10月~11月の当社で実施した乗車された方へのアンケートの結果(約半数の人が初めての乗車)にも見られるように、長期不況による節約志向ニーズの高まりの中、長距離の移動の交通手段として比較的価格が安く快適性も向上している高速バスが選ばれたことが考えられます。
ETC割引により高速道路の利用が好調でしたが、同様に高速道路を利用する高速ツアーバスも好調でした。

■全体のピークは行き1日、2日、帰り5日
全体のピークは行きの5月1日(金)、過去最高の7,598人(前年比約137%:5月2日、金:5,559人)で、続いて5月2日(土)7,324人(前年比約154%:5月3日、土曜:4,746人)です。さらに帰りの5日(火)6,973人(前年比約124%:5月5日、月曜:5,646人)です。

■後半約60%、前半約40%
後半:39,552人(5月1日~5月6日:約60%)
前半:26,760人(4月24日~4月30日:約40%)となり、昨年と同じ比率です。

■好調な地方路線
全路線で前年比を上回り、大都市発の総数が地方発の総数より多く、高速道路全体の利用においても同様の傾向が見られました。基幹路線の東京-大阪の伸び率より東京-愛知、東京-金沢、東京-青森、大阪-広島が上回り、全国への移動の交通手段として浸透してきていることを裏付けています。

■昼行大幅増、夜行も増加
昼行は昨年7月以降、増便しており、期間中総数は、前年比428%の17,253人(前年:4,030人)と大幅増です。夜行便は、49,029人(前年比117%:41,784人)なので、昼行便が全体の伸び率を押し上げています。

■3列シート等は早めの予約、スタンダード等は間際の予約、一人利用増加、男女比昨年
と同じシートタイプのうち、上位のシートは、1ヶ月先までほぼ満席のエグゼクティブシートはひき続き好調ですが、3列シートのプレミアムは、座席の半数が予約されるのが25日前、同様に人気のリラックスは20日前、ベンツシートのスカイライナーは17日前となり、早目に予約され計画的に利用されています。
一方で、下位のシートは、座席の半数がネオは11日前、トイレ付スタンダードは10日前、スタンダードは7日前と比較的に間際に予約し利用されています。
期間中、一人での利用は予約段階で総数の79%(前年76%)、2人以上の利用は残りの21%(前年24%)となり、GW期間に関しては前年より一人利用が若干増加しました。男女比は男性47%、女性53%で昨年と同じ比率です。

ウィラー・トラベルでは単なる旅行商品の提供だけでなく「かつてない価値観」と「価格訴求」にこだわりを持った商品開発を手がけています。今後も「日本に新しい人の移動のインフラをつくる。」をモットーに、お客様により多くの安心感と信頼感をもってご利用いただけるよう、安全面はもとより、サービス面の充実を図っていく所存です。
WILLER TRAVEL株式会社はWILLER ALLIANCE株式会社(http://www.willer.co.jp)のグループ会社です。
プレスリリースに関する問合せ先:WILLER ALLIANCE株式会社 広報部 本田 紗也香
TEL 06-6123-7250 FAX 06-6136-5887
この商品・サービスに関する予約・問合せ先:0570-200-770

ご利用ガイド
ご利用ガイドTOP
会員・サービス
会員・サービスTOP
ケータイサイト
ケータイサイトについて
当サイトのURLを送信
上のバーコードからもアクセスできます。
WILLER 公式SNS
twitter
Facebook
youtube
WILLER会員メニュー
新規会員登録
マイページ
Copyright © WILLER TRAVEL,Inc. All Rights Reserved.
グループサイト
WILLER ALLIANCE 世界中の人の移動にバリューイノベーションを起こす
WILLER EXPRESS cafe 緑に囲まれたスタイリッシュなカフェ
高速バス 夜行バスを簡単予約! 宿 ホテル フェリーも取扱中 | SMART TRAVEL
京都丹後鉄道 北近畿タンゴ鉄道は丹鉄として生まれ変わりました