プレスリリース 2009年

2009年6月10日

外国人旅行者に高速バスを乗り継ぐ新たな個人旅行を提供
4カ国語サイト開設、オンライン予約も可能に

全国へ高速ツアーバスを運行するWILLER TRAVEL株式会社(代表取締役:村瀬茂高 以下ウィラー・トラベル)は、2020年までに外国人訪問者を年間2000万人に目標に掲げる、国土交通省が主体となって実施するビジット・ジャパン・キャンペーンに参加しています。その一環として将来的に需要の伸びが期待できる個人型旅行のインバウンド事業に本格的に参入します。

弊社は、訪日外国人の個人型旅行に高速バスと路線バスを乗り継ぎながら自分のペースで観光する新たな旅のスタイルを提供します。オンラインでの空席検索・予約、乗車方法のわかりやすさなど利便性も高め新たな需要の創出を目的としています。
高速バスは現在訪日外国人の個人旅行で主に日本国内の移動手段として利用されている新幹線に対して、安価に移動ができます。さらに新たな価値観として、日本の風景を車窓から楽しみ、地元の人との交流を通して、日本の文化、歴史を体感できます。

■英語、中国語(繁体字)、韓国語サイトを開設、予約決済、変更、キャンセルもオンラインで可能
訪日外国人の個人型旅行の利便性向上へ、弊社サイト(http://travel.willer.co.jp/)に、オンラインで予約できる外国語サイト(英語、中国語・繁体字、韓国語)をこのたび、開設し、各言語をサイトのトップページより切り替えが可能です。
今回のサイト開設により、オンラインでの予約のほかに、各外国語サイトごとに、空席(11路線98便)の検索、予約内容の確認、クレジットカード決済、予約確認書の多言語による発行、オンラインでの変更やキャンセルも可能です。今後、中国語(簡体字)、ヨーロッパ言語等、他言語サイトの開設を予定しています。

●オンラインでの24時間予約、英語での乗車時の案内
サイトのサービスと連動して、外国人向けに予約についての問い合わせは、オンラインで24時間、英語による電話での対応、当日の緊急連絡先対応、乗車の際の直接の案内、そして多言語(英語、中国語、韓国語)による乗車案内書の配布を実施しています。

●外国人のお客様は昨年1万3千人の実績、10年5万人、15年を37万5千人目標
弊社のバスはこれまでも、外国のお客様が弊社関連会社の英語、韓国語サイトなどを通じて利用しており、昨年1年間で1万3千人を超えます。利便性の向上に伴い、外国人のお客様のご利用を、年間で2010年は5万人、2015年は37万5千人を目標にしています。

●海外代理店、韓国、台湾、香港でのサービスを来月初旬開始
また、海外のお客様の安心、利便性を考え、今年中を目標に、12カ国に海外代理店を設置し、予約や乗車に関する案内サービスを開始する予定です。韓国、台湾、香港は来月初旬をめどに開始します。

ウィラー・トラベルでは単なる旅行商品の提供だけでなく「かつてない価値観」と「価格訴求」にこだわりを持った商品開発を手がけています。今後も「日本に新しい人の移動のインフラをつくる。」をモットーに、お客様により多くの安心感と信頼感をもってご利用いただけるよう、安全面はもとより、サービス面の充実を図っていく所存です。

【各外国語トップページ】


イメージ:英語サイト・トップページ
(英語サイト・トップページ)


イメージ:中国語繁体字・トップページ
(中国語繁体字・トップページ)


イメージ:韓国語サイト・トップページ
(韓国語サイト・トップページ)

WILLER TRAVEL株式会社はWILLER ALLIANCE株式会社(http://www.willer.co.jp)のグループ会社です。
プレスリリースに関する問合せ先:WILLER ALLIANCE株式会社 広報部 本田 紗也香
TEL 06-6123-7250 FAX 06-6136-5887
この商品・サービスに関する予約・問合せ先:0570-200-770

ご利用ガイド
ご利用ガイドTOP
会員・サービス
会員・サービスTOP
ケータイサイト
ケータイサイトについて
当サイトのURLを送信
上のバーコードからもアクセスできます。
WILLER 公式SNS
twitter
Facebook
youtube
WILLER会員メニュー
新規会員登録
マイページ
Copyright © WILLER TRAVEL,Inc. All Rights Reserved.
グループサイト
WILLER ALLIANCE 世界中の人の移動にバリューイノベーションを起こす
WILLER EXPRESS cafe 緑に囲まれたスタイリッシュなカフェ
高速バス 夜行バスを簡単予約! 宿 ホテル フェリーも取扱中 | SMART TRAVEL
京都丹後鉄道 北近畿タンゴ鉄道は丹鉄として生まれ変わりました