【調査】高速バス・夜行バスにトイレは必須?案外大丈夫?気になるトイレ事情

高速バス・夜行バスの気になるトイレ事情を調べました。高速バス利用者の内、どのくらいの人が「トイレ付き車両」を希望しているのか?という調査結果と共に、トイレ付き車両のメリット・デメリットについてご紹介します。加えて、WILLERの高速バス・夜行バスのトイレ情報についてもお届けします。

そもそもトイレ付き高速バス・夜行バスはある?

高速バスや夜行バスには、トイレが完備されている車両と、付いていないものがあります。バスの車両により設備は異なるため、自身が乗車するバスにトイレがあるかどうかは、下調べが必要です。

トイレ付き車両を希望する場合は、予約時に運行会社の公式HPや予約サイトで確認しておきましょう。

高速バス・夜行バスにトイレは必要?ユーザーの声を徹底調査

高速バスや夜行バスの利用者は、そもそもどの程度トイレ付きの車両の必要性を感じているのでしょうか?バス利用者のトイレに対する不安の程度と、実際に高速バスで体験したトイレに関する問題についてお届けします。

移動中トイレに行きたくならないか、不安に思う人の割合

高速バスを利用するユーザーを対象に「乗車中にトイレに行きたくなる心配がある?」というアンケート調査を行いました。

結果、全体のおよそ8割の人がトイレ事情に不安を覚えると回答。長時間の走行が一般的な夜行バスや高速バスで、急にトイレに行きたくなるかもしれないという不安の声が多く聞かれます。

調査結果から、高速バス使用の乗客はトイレ付き車両を希望しているという傾向が読み取れますね。

高速バスについて困ったこと

(複数回答)

同じく一般ユーザーを対象に、「高速バスの乗車で困った事柄」という質問をしました。

結果は過半数の人が、トイレについて何らかの問題があったと答えるものに。最も多く聞かれたのは、トイレのない車両に乗って不安を感じたという意見。その他にも、トイレが狭い、トイレが使いにくいなどの回答も寄せられています。

一方、3割程度の人が、困っていることはないと感じていることも判明しました。

トイレ付き高速バスのメリット

では、そもそもトイレの付いているバス車両を利用することで得られるメリットはどのようなものでしょうか?

やはり、お手洗いをいつでも利用できるのが最大のメリットです。急にトイレに行きたくなっても、我慢をしたり不安を覚えたりすることはないでしょう。乗車前にお酒を飲んだ時でも安心!

また、車内で睡眠をとる人やなにか作業をする人は、休憩時間のタイミングを気にしなくてよいのも利点です。体調不良時や乗り物酔いをしやすい体質の人も、すぐに駆け込めるトイレ付き車両は安心感があります。

トイレ付き高速バスのデメリット

メリットが多いと思われがちな、トイレ付き高速バスですが、実はデメリットもあります。

トイレ付きの車両で多くの人が気にされるのが、車内へ漏れる音と臭い。車内は限られた空間であるため、乗客座席から近い位置にトイレが設置される可能性があります。人目が気になって落ち着いて用がたせないという意見もあるようです。

加えて、トイレ付近の座席を利用する場合、臭いや音、頻繁に人が往来するなど、乗車の快適さが低下してしまうケースも。

夜行バスでは、消灯後の静まった車内でお手洗いに移動することになりますから、内気な性格の人には勇気のいる行動になるかもしれません。

WILLERの高速バス・夜行バスにトイレ付き車両はない?

WILLERでは以前、トイレ付き車両を積極的に運行していました。しかし、当時は、20代~30代のお客様の「ニオイや音が気になる」という意見が目立つことも。予約頻度の比較でも、トイレ付き車両よりも、無しの車両に予約が偏るというデータから、トイレ付き車両がほとんど運行しなくなったのです。

もちろん、バス走行中はト2~3度の休憩時間を設けています。WILLERでは、乗車中の万が一のトイレのご相談も周囲に知られずメールで問い合わせができる「バス乗車中のご相談窓口」を設置。走行中にトイレが心配になったら、悩むことなくお気軽にお問い合せください。

ついにWILLERでトイレ付き車輌がデビュー

しかし近年、トイレ付きバスを求める声が高まっていることから、ついに、WILLERにもトイレ完備車両が再登場!

以前運行していたWILLERのトイレ搭載車は、臭いや音が大きな課題でした。では新型のトイレ付き車両では、臭いや音の問題は解決したのでしょうか?実際の車両内トイレをレビューします。

トイレの内装は、格調を感じさせる木目調と大理石風のデザインでまとめ、室内に高さがあるため圧迫感がありません。

ドアと壁面に設置のハンドルは、万が一の揺れでのオフバランスによる転倒を防ぎ、ご年配の方でも安心して使用できる設計を取り入れています。

蛍光灯の白色と壁の明るい色調によって、バス車両のトイレユニットとは感じさせない清潔感が印象的です。

以前のバスに搭載されたトイレユニットは、臭いと音が気になるという意見が聞かれました。WILLERの新トイレユニットに採用されている壁材には、消臭効果を発揮する素材を使用し、これまでの臭いに対する対策がしっかり施しました。

トイレのもう一つの問題、音については、気になるトイレ音をさわやかに消す「トイレ用擬音装置」を設置し改善!お手洗いの使用中も周りを気にする必要はありません。

壁面に設置の上半身が映る化粧鏡は、簡単な化粧直しや身だしなみのチェックに便利。コンパクトなハンドル水洗式シンクで、場所をとらず足元が濡れない工夫も凝らしています。

トイレ付き高速バス・夜行バスをご紹介

新トイレユニット付きで生まれ変わったWILLER車両の運行情報をお届けします。現在、トイレが備わった車両は、下記のルートで運行しています。

・東京⇔広島間
・東京⇔岡山間

上記のルートは、乗車時間が12時間を超えて長時間になることもあるため、トイレ休憩をはさんでも不安になるかもしれません。しかし、トイレが完備され、いつでもお手洗いを使用できるようになりました。

新型トイレ付きの車両を利用して、長時間の乗車もリラックスしながら旅を楽しむことができますよ。

トイレ付き高速バス・夜行バスで、安心快適な旅を

夜行バスや高速バスのトイレに関する情報と、ユーザーの調査結果をご紹介しました。

高速バスを利用する人にとって、トイレ事情はとても気になるポイントであることが、アンケートから読み取れました。「万が一トイレに行きたくなったら?」と不安を抱えながら乗車することで、快適に車内を過ごせない方もいらっしゃるでしょう。

WILLERでは、お客様の声にお答えし、トイレ付き車両もご用意!さらなる快適な旅路をサポートするWILLER EXPRESSで、上質なバス旅行をお楽しみください。

お役立ち

※本記事は、2018年10月04日に公開しました。
最新の情報と異なる場合があります。ご了承ください。

感想を聞かせてください!

  • おもしろかった!
  • そこそこ
  • あんまり...