京都丹後鉄道・丹鉄現場のお仕事をインタビュー!~工務編~

2019年5月24日、WILLERは25周年を迎えました。今までWILLERを愛してくださったお客様に感謝の気持ちを込めて、今年は様々な企画を用意しています。その第一弾として以前ウィラコレでやんぬ・ばたやんが記事を執筆していた「新木場BASE見学ツアー」を開催しました。まだまだ企画を用意しておりまして、今回の企画は「ピンクの現場知ろう!~京都丹後鉄道編~」です。お客様にWILLERのもっと様々なことを知っていただくために、現場の方にインタビューしました。本記事を通して皆さんが知らなかったWILLERをまだまだ知っていただきたいです。今回は係員・アテンダントの方にインタビュー。

インタビューメンバー紹介

京都丹後鉄道、通称丹鉄の現場の方々にインタビューをしに、WILLER社員の「もっちー」・「ふくちゃん」が、京都丹後鉄道の本社がある京都府宮津市に行ってきました。

「WILLER社員 2019年で新卒5年目。管理系の部署所属。」

「WILLER社員 2019年で新卒3年目。マーケティング系の部署所属。」

ちなみに宮津は京都北部に位置しております。大阪からは電車を乗り継いで約2時間ほどで着きます。

今回インタビューを快く受けてくださったのは、こちらの5名の方です。

「西舞鶴駅・係員 ますちゃん」

「観光列車アテンダント かんちゃん」

「運転士 ま-くん」

「車掌 なべし」

「工務 もんちゃん 」

今回は工務のもんちゃんにインタビューしました。

工務にインタビュー

「工務のもんちゃんに色々聞きたいと思います。」
「よろしくお願いします。」
「お願いします。」

「工務の仕事内容がイメージできていないですが。」
「では早速お仕事内容を聞いていきたいと思うのですが、かっこいいですね!月9とか出てました?」
「いやいや。」
「聞くところによると、2018年のもんちゃんが載っている採用求人ポスターを欲しいと、女子高生から問い合わせがあったそうです。」


(※過去掲載分となり、現在の募集要項とは異なる可能性がございます。)

「え~知らないですね。」
「イケメンの耳には届いていないようですね。」
「このポスター売れるかもしれないですね。」

業務内容

「改めて、工務の仕事内容を聞いていきましょう。」
「丹鉄は全線114kmと非常に長い沿線です。実際に工務の人は114km歩いて点検をしてます。」
「なるほど。」
「自分たちの業務が実際にお客様の乗り心地につながっているので、それがやりがいに繋がります。」
「乗り心地…どういった業務が乗り心地に繋がるのですか。」
「例えば、ガタンゴトンの揺れが少しでも無くすように点検することも、乗り心地に繋がります。」
「丹鉄では観光列車でくろまつなど、実際車内でお食事をされています。そのお客様が楽しい時間を過ごせるように点検をしてます。」
「こう聞いていても同じ会社ながら、そんな仕事があったんだ…と思ってしまってます。」
「工務は人目につく仕事ではないので、お客様が目にすることはないです。普段乗車される際に工務が点検しているんだ、と思ってもらえれば嬉しいです。」
「まさに縁の下の力持ちですね!」
「人目につく仕事ではないのに、ファンがいることもすごいですね!」

お仕事あるある

「続いてはお仕事あるある教えてください!」
「鉄道業界の中で『指さし確認』声に実際に出して安全確認をする動作があります。それをプライベートでもしてしまいます。」
「なるほど。例えばどんなシーンでしょうか。」
「家を出るときに、テレビよし!電気よし!、としてしまうことがあります。」
「テレビやエアコンの消し忘れがなさそうですね。」
「そうですね。この仕事してよかったと思います。」
「私たちも日常に取り入れていきましょう!!」

「あ、あと、動物の話していいですか?」
「(確認中)」
「はい、大丈夫とのことだったので。鉄道と動物がぶつかることが多いとのことでしたが、工務の方が処理をされていると聞きました。」
「そうですね。丹後は自然豊かなので、どうしても鹿やイノシシとぶつかってしまうことがあります。そのままだと列車が通れないので自分たちが処理します。」
「なかなか私達が見えないところで、様々なことをされていますね。」
「そんな工務にも念願の女性社員が入社しました!!」
「おお~!!!!!!」
「男職場のイメージが強いですが、女性が働いているのは珍しいです。今一緒に女性社員も現場で働いています!動物の処理ももちろんしてます。その時ももちろん女性には配慮してますよ!」
「優しいですね。」
「はい。女性社員もお待ちしております!」
「お待ちしております~!!」

観光列車でゆっくりお食事できているのも、工務の方のおかげですね。皆さん丹鉄に乗車された際は、工務のことを思い出して乗ってみてください。

観光列車の紹介

丹後くろまつ号の詳細はこちら
丹後あかまつ号の詳細はこちら
丹後あおまつ号の詳細はこちら

※本記事は、2019年08月22日に公開しました。最新の情報と異なる場合があります。ご了承ください。

感想を聞かせてください!

  • おもしろかった!
  • そこそこ
  • あんまり...


PAGE TOP