now loading...

ハートランドフェリー株式会社の船舶一覧

サイプリア宗谷

船体カラーは、コーポレートカラーの濃藍色と北海道の澄んだ空気と太陽が作り出す、鮮やかな朝焼け・夕焼けをイメージした「茜色(あかねいろ)」。
客室のインテリアコンセプト「心の旅」と「大自然の優しさに目覚める旅」を基本テーマとしてデザインされた心地よい空間を提供する船として建造。

船スペック

全長 95.7m
全幅 15m
総トン数 3,555t
旅客定員数 475名
航海速力 19.6Knt

ボレアース宗谷

ギリシャ神話で「北風の神」を意味し、厳しさ・たくましさ・おおらかさを見せる宗谷の自然を創生している特有の「北風」を表現しています。

船スペック

全長 95.7m
全幅 15m
総トン数 3,578t
航海速力 20.4Knt
積載台数 乗用車66台/トラック21台

カランセ奥尻

奥尻島に咲く可憐な薄紫の花、「オクシリエビネ」。 レッドリスト登録のまぼろしのラン科の植物であり、
花言葉は「誠実」。
この花の学名「カランセ/Calanthe」より命名しました。
島の花の学名より命名した船舶は、サイプリア宗谷に続く第2弾です。
カランセは、ギリシャ語でカロス”美しい”、アントス”花”の2語から花姿に由来します。
誠実に安全に、まぼろしの花咲く美しい奥尻島へ
みなさまをお迎えする「カランセ奥尻」が就航しました。

船スペック

全長 87m
全幅 15m
総トン数 3,631t
旅客定員数 460名
航海速力 17.5Knt
積載台数 8トントラック:18台/乗用車:48台

フィルイーズ宗谷

『心の癒し』を基本のイメージテーマとして、『落ち着く・安心する』と言う意味を持つ【Feel at ease】(フィル アット イーズ)という英熟語をもとにした造語。お客様に安らぎと安心感を与え在来船とともに、利尻・礼文両島と稚内周辺地域の飛躍的発展に寄与する、安全で健やかな航海をお約束できる新世紀のスタートにふさわしい希望の船出を念願して「フィルイーズ宗谷」と命名した。

船スペック

全長 95.7m
全幅 15m
総トン数 3,551t
旅客定員数 500名
航海速力 20.4Knt

【現在運行しておりません】アヴローラおくしり

平成11年4月就航。「アヴローラ」はロシア語でオーロラの意味を持ち、オーロラとは神話によると【夜明けの女神】の名前であることから、前年“復興宣言”された奥尻島の【復活と再生】をイメージしてネーミング。特に平成11年8月19日、天皇皇后両陛下が復興状況ご視察のため奥尻島を行幸啓された際、同船を「お召し船」として瀬棚-奥尻-江差間を運航した。

船スペック

全長 76.61m
全幅 14.5m
総トン数 2,248t
旅客定員数 534名
航海速力 17.7Knt
積載台数 乗用車48台/トラック18台
now loading...