リボーンで出張するS先生の話

皆さん、こんにちは!S先生です!出張といえば新幹線や飛行機というイメージがあるかと思いますが、私は出張の際いつも高速バスで行っています!(別に会社に強制されているわけではありませんw)

今回は私がリボーン出張について徹底解説します!

夜行バス出張の最大の理由

夜行バスの最大の特徴といえば、所要時間の長さと寝ながら移動できるという2点。10時の予定に間に合うためには、新幹線だと朝7時には電車に乗らなければならず、自宅を出るのは6時ごろになってしまいます。朝が弱い私はそれが嫌でいつもリボーン出張というわけです。実は…WILLERの大阪オフィスもバスターミナルと同じ、梅田スカイビルにあるため、終業後のバス乗車はとっても便利なんです!関東方面ゆきリボーンのW231便は出発時刻は21時50分なので残業しても晩ごはんを食べる時間が取れちゃいます。晩ごはんは、スカイビル周辺にたくさんお店があるので、サクッと食べて乗車できちゃいます。

いよいよリボーンに乗車!その車内を解説

さて、いよいよリボーンに乗車です!WILLERといえば「ピンクのバス」というイメージがあるかと思いますが、リボーンの車体は何とシルバー!シックな色合いが高級感を演出しています。

リボーンの最大の特長といえばこのシェル型シート。シート配置は2列+1列の3列ですが、シェル型になっているため2列席でも隣に知らない人がいても全く気にならずにゆったりと休息することができます。

ですが個人的に推したいのはこの足置き!

リクライニングとレッグレストを全開にすると背もたれ~レッグレスト~足置きがなめらかにつながるため、厳密な水平ではありませんが自宅のベッドと同様に脚を伸ばしてしっかりと熟睡できます。

シート配置は進行方向に向かって左側が2列席(窓側がA席、通路側がB席)、右側が1列席(C席)となっています。一般的な夜行バスであれば窓側か通路側か独立席かくらいで、それぞれ大きな違いはありませんが、これまで多かった「消灯後の車内が暗すぎる」というお客様の声を活かしてリボーンでは通常より少し明るめの常夜灯をつけています。そのため、明るさなど、他の3列シートより列の位置による差異が大きくなっています。これについて語りだすと長くなりすぎるので…(笑)詳しくは別の記事にて紹介予定です。ご期待ください!

到着したら…

閑話休題、私は4列夜行でも寝れてしまう人なので「最高の休息」がテーマのリボーンなら6時20分の新宿到着まで途中一度も目を覚まさずに爆睡、疲労度合いとしては「自宅の布団で寝たものの少し寝不足な時」くらいでしょうか。日中の仕事などには全く問題ないレベルです。まだ10時の予定までは十分すぎる時間があるので、時間つぶしがてら朝食と銭湯に向かいます。

新宿周辺にもSPAやシャワーブースはありますが、私はゆったりしたいので、銭湯派です。

 

もちろん帰りもリボーンで!

帰りの関西方面ゆきリボーンW134便はバスタ新宿24時10分発。なんと関東在住の人よりも遅くまで飲み会に参加することができちゃいますw S先生はそんなにアルコールに強くないのですが、お酒が好きな人にとっては嬉しいダイヤ設定ですね。ただしリボーンをはじめ、WILLER EXPRESSのほとんどの車両にはトイレが付いていないので、お酒の飲みすぎには要注意です!

帰りのW134は8時45分にWILLERバスターミナル大阪梅田に到着。帰りも、やはり到着まで爆睡です。「最高の休息」を謳うリボーンだけあって2連泊でも、熟睡度合いは変わらないですが、さすがに疲労の蓄積を感じてしまいます。

WILLERバスターミナル大阪梅田には、WILLER EXPRESS CAFEも併設しており、バス利用者は朝食の割引サービスがあります。例えばトースト、ミニサラダ、ドリンクのセットが通常400円のところ50円引きの350円となります!なのでS先生はバスで到着するといつもWILLER EXPRESS CAFEで朝食を摂って出勤しています。

 

今回はS先生のリボーン乗車体験でした。他にもこのシートの乗車記事見てみたい!というものがあれば、ご意見お待ちしております。

※本記事は、2018年03月26日に公開しました。最新の情報と異なる場合があります。ご了承ください。