【ぶっちゃけ】高速バス・夜行バス旅行の不安、プロに全部ぶつけてみた

 

新幹線、電車、飛行機、バス…さまざまな交通が入り乱れる、世はまさに交通手段戦国時代(?)。

今まで24都道府県、8ヵ国(という反応に困る数)(妥当)を旅してきた私・ばたやんですが、「いかに安く楽しむか」というのは、永遠のテーマです。

 

教えてS先生!高速バス・夜行バスのお悩み解決

 

私たちも、お客様の移動をサポートすることを第一に考え、日々新しいサービスを生み出そうと努力しています。ですが正直、安い価格・安全面・天災による運休など、高速バス・夜行バスに対して不安な点って多々ありますよね。

今回は私が持ち前の空気の読めなさ、もとい読まなさを発揮し、バス好きが高じてWILLERに入社したS先生に、ぶっこんだ取材をしてみました!

 

 

「みなさんこんにちは!毎度おなじみばたやんです」

 

「初めましての方も、そうでない方もこんにちは!言わずと知れたバスオタク・S先生です。

今回は、ばたやんみたいなバス初心者から、僕みたいなバス好きまで、みんなの疑問・不安を解消していこう!なんでも答えるから、なんでも聞いてください!」

 

「彼女いますか?」

「彼女いまs・・・ってそういうことじゃないんだよ

 

①事故が心配

「初っ端からヘビーな話題だね」

「あんまりにも安いから、つい不安になってしまうんですよね」

 

「結局は人が操作している乗り物だから、どの交通機関であれ、事故が起こってしまう可能性はあるよね。

ウィラーでは、FEELythm(フィーリズム)という最新のIoT器具を使って乗務員さんの疲れ・眠気をリアルタイムに管理したり、乗務員専用宿舎で健康に配慮した食事を提供したりしているよ。乗務員さんを守ることが、お客様の安全を守ることにも繋がるからね!」

 

「なるほど!テレビで見たことあります!」

「いち視聴者としての反応をするなよ…

詳しくは、WILLER EXPRESSホームページや、新木場BASE(ウィラーの乗務員さん専用宿舎)について書かれた記事を見てみてね!」

 

 

②運休が不安

「2018年は、近年まれにみる災害続きの年ですよね。私も過去に天災時、WILLERバスターミナル梅田でお客様対応をした際、運休の情報が交錯しており本当に焦りました。

交通機関が運休してしまったら、その後の予定に響いてくるし、不安です」

「ウィラーでは災害時、緊急会議が開かれるんだ。お客様の移動を叶えるため、また安全を守るため、社員一同、一生懸命に考えて判断しているよ」

「そうなんですね…でも、もし運休になるんだったら、家を出発する前に知りたいというのが本音です」

「お客様がご乗車されるバスが運休になった場合は、登録していただいたメールアドレス宛にメールが届くよ。またウィラーのサイト内にもいち早く表示するようにしているから、もし不安な場合はサイトをチェックすると、確実かな」

 

 

③疲れる・眠れない

 

「皆さんからのご意見もかなり多いのがこちら。安さを取れば疲れるし、快適さを取れば価格は高くなるし…」

「そうだね。僕なら絶対に往復バスを選ぶけど、僕の周りは交通費節約+快適さを求めて、往路と復路で交通手段を組み合わせているひとが多いかも。行きは新幹線で、帰りはバスとかね。ウィラーサイトでも最近バスと飛行機を併せて買えるようになって、ますます便利になったしね」

 

「確かに!私も東京ディズニーランド®や東京ディズニーシー®に行くときは、往路はバス、帰りは新幹線を使います。

行きはパークの目の前に着くから、着いたら即遊べるし、1泊して東京観光したら、新幹線で帰ったほうが早いし便利!次の日から仕事でも疲れないです!」

 

夜行バスで眠れない&酔う私が寝られた!最強の睡眠導入方法&グッズ

「ブランコで酔う繊細な三半規管&時計のチクタク音で眠れなくなる高機能な耳を持つ私が通りますよ」

「繊細…?高機能…?」

 

バス酔い対策

「まず酔う問題ですが、酔い止め薬を飲んでも酔うときは酔うのでもう諦めています」

「おい、低評価押すぞ」

「出発30分前までに腹6分目まで食事を摂って酔い止め薬を飲んでおくこと、体をしめつけない服装に着替えること、

体をできるだけフラットにしてスマホを触ることは心がけてますね(下を向くと酔う)」

「スマホを触らなければいいのでは?」

「その選択肢は初めから無いですね、携帯依存症なので」

 

「あと酔ってしまった時、私は氷を食べると一発で治ります!有名な方法かもしれませんが、よかったら試してみてくださいね」

 

眠れない対策

「結局眠れるときは眠れる、眠れないときは眠れないんですよ、人間だもの。ばたを」

「おい、今度こそ低評価押すぞ」

 

「前日あまり寝すぎないこと、当日無駄に体を動かして疲れておくこと、乗車前に体を締め付けない服装に着替えておくこと、あとアイマスク・耳栓・マスクで体の穴という穴を塞ぐことですかね。

耳栓を付ける前に、気持ちを落ち着かせるための音楽を聞くこともあります。

ヒーリングミュージックやクラシックはお育ちが合わず自分には向いていなかったので、最近はもっぱらバイノーラル録音されたASMRにハマってます!

 

「ここで解説しておくとASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)とは、「聴覚や視覚への刺激によって、脳がとろけるような快感に浸り、気持ちよくなれる現象」のことだよ!」

 

「そうです!砂利道を歩く音、スライムを触る音などが有名ですかね?

…まあ私が1番心安らぐのはポテトチップスのパリパリ音なんですけど」

 

「結局食べ物かい」

 

 

「あとは電子書籍で活字を追ったり、スマホで予めダウンロードしておいた映画を見たりしているとだんだんと眠くなってきます!

私はSA休憩の時に、周りが明るくなったり物音がしたりすると目が冴えてしまうので、眠くなったらアイマスク&耳栓に選手交代しますね!」

「『眠れなかったらどうしよう』という不安が不眠を誘っていることもあると思うので、寝られなくてもまあいいか、くらいの心意気でいるようには心がけています」

 

「まあ、ウィラーの場合はバスのシートが選べるから心配無用!4列シートのリラックス<NEW>でも十分快適だけど、ほぼフラットになるリボーンや、3列独立のラクシアなら周りを気にせず寝られ…」

 

いや、でも、シートの質が上がれば価格も高くなるじゃん」

 

「…甘いな。そんな君に、裏技を教えよう。プレミア会員になればいいのさ!」

「プレミア会員?」

 

番外編:プレミア会員ってなに?

 

「あー、あの1,080円払うヤツですか?」

「言い方に悪意しかないね」

 

「最初に払うのがちょっとネックかなと思っているんですが、具体的に何がいいんでしょう?」

「君はもう少し自社のサービスを勉強しようね?

プレミア会員になると、1回の乗車につき300円割引されるんだ。往復だと600円ね。しかも同行者にも割引が適用されるから、2人で1往復バスに乗れば元が取れる」

「そうなんだ!意外とすぐ元本回収できますね」

「投資やってんの?」

 

「それだけですか?割引以外にも特典があると嬉しいです」

「ほしがるねぇ~!もちろん、それだけじゃないんです。無料シートランクアップも、プレミア会員の大きな特典だよ!

例えば、予約した日に、他のバスに空席があれば無料でランクアップできるんだ。例えばリラックス<NEW>を予約していても、その当日リボーンの座席が空いていれば、シートランクアップを使ってリボーンに乗れちゃうわけ」

「それはすごい!」

「毎月第3金曜日を『プレミア会員の日』と題して限定のセールも開催しているから、さらにおトクにバスに乗れちゃう!

そう、プレミア会員ならね

「絶対最後のやつ言いたかっただけやん」

 

④バス停まで、バス停からが遠い

「公共交通機関あるあるだと思うんですけど、まず主要な出発地に行くまでが遠いんですよね。飛行機だと空港に行かなきゃいけないし、新幹線も通ってる駅は少ないし…」

「どんな僻地に住んでるの?」

「チッ」

「いま舌打ちした?ねぇ舌打ちしたよね?」

 

 

「高速バス・夜行バスの発着地って、かなり制限されてるんですか?」

「そんなことはない!ウィラーでは約160路線が販売されているから、他の交通手段よりも近くに出発地があると思うよ!主要なテーマパークや建物・駅の名前がそのままバス停の名前になっていることも少なくないし、わかりやすいよね!

例えばコンサートやライブに行きたいなら、ぜひここをチェックしてみてほしい。主要な会場・ホールに近いバス停や、そのアクセスが載ってるんだ」

 

「それは嬉しい!なんだか高速バス・夜行バスに対する不安も解消されてきました。ありがとうございます!」

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?高速バス・夜行バスで旅行する際、これらの不安ってつきものですよね。

ウィラコレ!ライター達も、お客様の不安や疑問を少しでも解決できるようなコンテンツ記事を書いていきたいものです。

高速バス・夜行バスを利用したご旅行で、素敵な思い出をたくさん作ってくださいね!

感想を聞かせてください!

  • おもしろかった!
  • そこそこ
  • あんまり...

※本記事は、2018年11月09日に公開しました。最新の情報と異なる場合があります。ご了承ください。


PAGE TOP