【無料体験:事前予約制】鳥取市 自動運転バスに乗ろう 2024年2月16日(金)~25日(日) 【無料体験:事前予約制】鳥取市 自動運転バスに乗ろう 2024年2月16日(金)~25日(日)

NEWS鳥取市の中心市街地を自動運転バスが走行します!

鳥取駅周辺では初となる、
自動運転バスの試乗体験会を実施します。
いち早く、次世代のモビリティを
体験してみませんか?

運行日運行日

実証実験

2月16日(金)~18日(日)、2月21日(水)~25日(日)

予備日

2月26日(月)~29日(木)

2月16日(金)

出発 到着
第1便 14:20 14:44
第2便 15:00 15:24
第3便 15:35 15:59

2月17日(土)~18日(日)
21日(水)~25日(日)

出発 到着
第1便 11:00 11:24
第2便 11:35 11:59
第3便 13:10 13:34
第4便 13:45 14:09
第5便 14:20 14:44
第6便 15:00 15:24
第7便 15:35 15:59
第8便 16:10 16:34

※第8便のみ、乗降位置がバスターミナル内の2番乗り場となります

reserve予約方法

1月29日(月)お申込み受付開始!

試乗は事前予約制です。
下記予約方法・手順と注意事項を必ずご覧いただき、お申込みください。
※無料でご乗車いただけます。

注意事項
  • 乗車後にアンケートへのご回答をお願いします。
  • ご乗車できなくなった場合は、各自で予約変更やキャンセルをお願いします。
  • ご予約いただいた時点で、試乗同意書へご同意いただいたこととなります。
  • 必ず事前に試乗同意書をご確認お願いします。
  • ご予約は先着順です。予約なしでお越しになる場合、空席があればご案内可能です。出発の1時間前まで予約可能です。
  • 安全のため、お子様は小学生以上のお客様からご試乗可能です。
  • 悪天候時など、当日の状況により予定無く運行時間が変更となる可能性がございますので予めご了承ください。
  • ご予約の際に記載しております旅行約款のご案内は、システム上記載されておりますが、今回は実証実験のため適用外となりますので、ご確認不要です。
予約方法・手順
(インターネット予約)
  • カレンダーから予約したい日程を選択ください
  • 空きのある便候補が表示されますので、
    ご希望の便を選択ください
  • 乗車される方の
    人数を入力ください
  • プランを確認し
    予約」を押下ください
  • 予約便の内容を確認いただき、
    無料ですが購入手続きへ」を押下ください
  • ログインまたは新規会員登録後「次へ」を押下ください
  • お支払方法は選択不要
    予約内容確認へ」を押下ください
  • 内容を確認のうえ
    予約を完了する」を押下ください

以上で予約が完了し、
予約確認書がメールで届きますので、ご確認をお願いします。

電話予約はこちら

電話番号050-2018-0107
(10:00~19:00)

お電話いただいた後にガイダンスに従い②(その他の問合せ)を選択した後に
鳥取自動運転のご予約希望の旨をオペレーターにお伝えください。

ルートルート

鳥取バスターミナル発着で、
鳥取城跡や県庁を通って
一周する約4.6kmのルート

ルート ルート

乗り場について

乗り場について
駅のバスターミナルを左手に見ながら、横断歩道を渡ります。
乗り場について
右折した先が乗り場です。

※第8便のみ、乗降位置がバスターミナル内の2番乗り場となります

自動運転のしくみ自動運転のしくみ

自動運転のしくみ
  • 1
    LiDAR レーザーを使用して歩行者、他車両など障害物の検知と障害物と車両の距離計測をします。
  • 2
    遠隔監視用カメラ 車内外の走行中の様子を撮影します。
  • 3
    物体認識カメラ 検知した障害物が人なのか、物体なのかを認識します。
  • 4
    信号認識カメラ 信号の灯色情報を認識します。
  • 5
    レーダー 電波を使用して障害物検知や障害物と車両の距離計測をします。

センサーの検知範囲

センサーの検知範囲
設定
設定
  • 走行開始の前に、実際の運行ルート上のデータを集め、運行に必要な3Dマップを作ります。
認知
認知
  • 3Dマップとセンサー類の技術を活用し、車両がどこにいるかを推定します。各種センサ類とカメラが障害物を認知します。
判断
判断
  • 走行中に収集したデータや自己位置を元に、道路上のルートに対して、障害物(歩行者・自動車など)の走行への影響を判断します。
操作
操作
  • 車両が安全だと判断したら、ルートを進行し、障害物が走行に影響する場合は減速、停止し、安全な運行を行います。

車輌スペック

  • 使用車両
    ティアフォー製Minibus
  • 乗車定員
    25名(実証では試乗者11名+運行関係者で運行)
  • 車両寸法(全長/全幅/全高)
    7.19m/2.30m/3.05m
  • 自動走行時最高速度
    35km/h

安全性について

自動運転走行中もセーフティオペレーターと係員が乗務し、安全確認や乗降サポートを行います。
自動運転走行中もセーフティオペレーターと係員が乗務し、安全確認や乗降サポートを行います。
前方約100m先までセンサーで認知し、近くに障害物を認識したら自動で減速・停止します。
前方約100m先までセンサーで認知し、近くに障害物を認識したら自動で減速・停止します。
右左折時や路上駐車回避時など、必要に応じて手動走行に切り替えて減速・停止を行います。
右左折時や路上駐車回避時など、必要に応じて手動走行に切り替えて減速・停止を行います。
万が一の時は緊急停止ボタンで停止します。
万が一の時は緊急停止ボタンで停止します。

実施体制実施体制

本事業は、
国交省「令和4年度 地域公共交通確保維持改善事業費補助金」を活用しています。

実施主体

鳥取市

実施事業者

WILLER株式会社、株式会社ティアフォー

運行会社

日ノ丸自動車株式会社、日本交通株式会社

協力

鳥取市次世代モビリティ推進会議

同時実施

自動運転実証調査事業と連携した路車協調システム実証実験
実施主体:国土交通省鳥取河川国道事務所
協力:鳥取市、WILLER株式会社