詳細はこちらをご確認ください
GoToトラベル 一時停止について

高速バスで富士急ハイランドへ行こう!

  • ドドンパ
  • 富士飛行社
  • ナガシマスカ
  • トーマス
  • フジヤマ
富士急ハイランド全景
1ヶ月前から予約受付中!対象出発地
東京・神奈川・埼玉・千葉・名古屋
2ヶ月前から予約受付中!対象出発地
大阪・京都
水曜WILLERでGO!でタイムセール中!!

日帰りプランから探す

高速バスで約2時間、1日あれば朝から晩までたっぷり遊べちゃいます!
その日のうちに帰宅できるので、お休みが短くても気軽に日頃のストレスを発散♪
往復や行き、帰りのバスとのセットなど、様々なパターンでご用意しているので、
お好みのスタイルでご予約ください!

日帰りプラン
(往復 or 片道バス+フリーパス)

宿泊付きプランから探す

1日は河口湖で自然に癒し体験、もう1日は富士急ハイランドで大絶叫?!
移動手段は往復または片道バスなど、お好みの行き方で♪
富士急ハイランドオフィシャルホテルほか、温泉旅館や近郊のリーズナブルホテルなどで、
朝食または2食付き・食事なしが選べます。

宿泊付プラン
(往復 or 片道バス+フリーパス+宿泊)

宿泊施設から探す

癒しスポット河口湖へ行こう!

チケットなし往復バス+宿泊 東京発

富士急ハイランドから電車で1駅のところに、自然を満喫できるレジャースポット・河口湖があります。
目の前に広がる富士山は圧巻!富士急ハイランドでの遊びはもちろん、癒しや自然の感動を味わいたい方におすすめです。

河口湖紹介ページへ

富士急ハイランドに行くときに便利なTIPS集

TIPS1

富士急ハイランドにバスで行く4つのメリット

メリット1交通費を安くできる

何といっても、バスは安いのがメリットです。たとえば新宿から富士急ハイランド駅までは電車なら片道2,500円前後ですが、バスなら2,000円ほど。しかも、往復割引を適用して、さらに安くなることもあります。

メリット2到着までの時間が速い

乗り換えや電車の待ち時間がないのも、バスならではのメリットです。

バスならダイレクトにアクセスできるため、乗り換えなどの時間を短縮することが可能です。

メリット3夜行バスなら開園から閉演までパークで遊べる

時間を有効に使えるのもバスの魅力。開園前に到着できるバスや閉園後に出発するバスを利用すれば、パークを隅から隅まで楽しみ尽くせます。

メリット4乗り換えの手間がない

バスならば乗り換えがないので、乗り過ごす心配もありません。電車の乗り換えが不安な方もバスで行くなら安心です。

高速バス・夜行バスで行く富士急ハイランド!メリットやプランを紹介
TIPS2

富士急ハイランドで混雑を回避するための方法8つ

混雑を回避して楽しむためのコツを8つ紹介しますので、ぜひ実践して、心残りのない一日を過ごしてください。

その1フリーパスを事前に買っておく

富士急ハイランドは入場料が無料なので、かならずしもフリーパスを買う必要はありません。
少しでも無駄な時間を使わないためにも、フリーパスを買っておきましょう。

その2顔認証サービスを利用する

顔認証タイプのチケットなら、入場の際にかかる時間はわずか1秒。しかも、開園前15分から入場できるので、人気のアトラクションに早く乗れます。

その3スマート絶叫優先券を利用する

人気のアトラクションは、ほぼ待たずに入れる「スマート絶叫優先券」を利用できることがあります。枚数に制限があるので、事前にインターネットで購入しておきましょう。

その4時間指定券を利用する

お化け屋敷に行く予定なら、時間を指定できる時間指定券がおすすめです。事前購入しておくと、当日スムーズに入館できます。

その5待ち時間が分かるアプリを利用する

各アトラクションの待ち時間が分かる富士急ハイランド公式アプリもあります。効率よく回りたい方は、事前にダウンロードしておきましょう。

その6シングルライダーを利用する

空いた席に一人ずつ乗るシングルライダーなら、2人以上で一緒に乗るよりも早く順番が回ってくることが多いです。対象アトラクションは、FUJIYAMAとええじゃないかの2つ。効率よく遊びたい方はぜひ利用しましょう。

その7年間フリーパスを利用する

年間フリーパスをお持ちの方も、開園15分前の入園が可能です。年間4回以上富士急ハイランドに行くならお得になりますので、リピーターの方にはおすすめです。

その8高速バスで富士急ハイランドに行く

WILLERの高速バスなら、往復バスチケットと富士急ハイランドのフリーパスがセットになっているので、チケットを買う時間を節約できます。また、開園前に到着する便を利用すれば、パークが混雑する前に人気アトラクションに乗れることも。

【富士急ハイランドの混雑予想】空いている時期や混雑回避テクニックを紹介
TIPS3

雨の日も楽しめる富士急ハイランドのアトラクション

富士急ハイランドでは雨の日も楽しめるアトラクションが多数あります。屋内型のアトラクションはもちろんのこと、屋外型であっても濡れることを想定しているアトラクションなら雨天でも運行しています。雨の日でも楽しめる人気アトラクションを確認しておきましょう。

・科学忍具道場
・無限廃坑
・ナガシマスカ
・クール・ジャッパーン
・絶凶・戦慄迷宮
・絶望要塞3
・富士飛行社
・シャイニング・フラワー

【雨の富士急ハイランド】アトラクションが止まる?おすすめの楽しみ方
TIPS4

富士急ハイランドのチケット購入方法

割引料金で行くなら、オンラインで事前に購入しましょう。クレジットカード決済もしくはコンビニ払いですが手数料がかかりますので、できればクレジットカードで支払いましょう。

なお、コンビニ払いの場合、手続きしても支払期日(アフタヌーンパスは申込みから3日以内)までに決済を完了しない場合は、自動的に予約が取り消されてしまいます。早めに決済しておきましょう

【入場料って無料?】富士急ハイランドのチケット料金、購入方法を紹介
TIPS5

「戦慄迷宮」怖さの理由!こだわりの5つのポイント

1. 長時間の恐怖体験!世界有数の長さ

入り口から出口までまっすぐに歩いたとしても900mと長く、迷ってしまえばさらに長距離を歩くことに。また、所要時間も約50分※と長く、底知れぬ恐怖体験が長時間続きます。

2. 真っ暗闇の中で五感を刺激される恐怖

通常のお化け屋敷は、薄明かりを頼りに歩いていきます。しかし、戦慄迷宮の館内は本気で真っ暗な箇所もあり、入場時に手渡された懐中電灯を頼りに歩いていきます。

3. 本物と疑うようなお化けのクオリティ

お化け屋敷にがっかりするときの原因の多くは、お化けに明らかに作り物と分かるような張りぼての人形を使っていることにあります。

4. 細部までこだわった内装

戦慄迷宮は廃墟となった病院が舞台です。お化けが出てきて入場者をびっくりさせるといったコンセプトではなく、細部にまでこだわった内装が怖さを倍増させます。

5. 定期的なリニューアルでストーリーが変わる

戦慄迷宮は、何度もリニューアルやストーリーの変更を繰り返しています。そのため、何回行っても新鮮な恐怖体験ができるお化け屋敷です。

【戦慄迷宮】富士急ハイランドの世界最恐級のお化け屋敷とは?体験者の声も

よくある質問集

往復バス、ホテル、フリーパスがセットになったプランや日帰りでも楽しめる往復バス+フリーパス付きプランなど
数多くのプランをご用意しております。

詳しくは、ページ内の「人気プランから探す」よりご確認ください。

はい、可能です。
往復バス、宿泊、チケットなど必要に応じて自由にお選びいただけます。

シートタイプ一覧にて当社で販売しているバスタイプの設備やサービスを一覧でご案内しております。
また、予約検索ページでもご案内しております。

詳細は以下をご確認ください。
⇒ 高速バス・夜行バスのバスシートタイプ
⇒ 高速バス シートタイプ比較表

はい、多数取り扱っております。

詳しくは、ページ内の「人気プランから探す」よりご確認ください。

富士急ハイランドでは、絶叫、ホラー、チャレンジやVRアトラクションなど、様々なアトラクションが楽しめます!

富士急ハイランドのアトラクション紹介ページより、ご確認ください。