入場料無料ってホント?富士急ハイランドのチケット料金・お得な購入方法

実は富士急ハイランドは入場料無料で楽しめるテーマパークです! とはいえ、アトラクションを楽しむなら、有料チケットやフリーパスは必要。富士急ハイランドに行ったことがない方であれば、この制度に戸惑うことでしょう。そこで、富士急ハイランドのチケット事情について詳しくまとめましたので、ぜひチェックしてください。

富士急ハイランドは入場無料?どのような料金形態?

冒頭でお伝えした通り、富士急ハイランドは入場料が無料です。しかし、チケットは必要なため、パークエントランス横の券売機で当日発券します。また、園内のアトラクションに乗るときは、以下の2つの方法で料金を支払いましょう。

アトラクションごとにチケットを購入

アトラクションごとに園内の券売機でチケットを買って、楽しむ方法です。アトラクションにより1人400円~2,000円※の料金を支払って利用しましょう。アトラクションを1つか2つ程度しか乗る予定がないときや、小さなお子さま連れでスケジュールが組みにくいときは、アトラクションごとにチケットを購入するのも無駄がなくて良いです。
※グループ利用は除く

フリーパス

複数の乗り物に乗る予定なら、アトラクション乗り放題のフリーパスがおすすめです。コースター系を1回(2,000円)、中型アトラクション3回(1,500×3)を乗るだけで元が取れます。

大人 6,200円
中高生 5,700円
小学生 4,500円
幼児(1歳以上) 2,100円
シニア(65歳以上)、妊娠している方 2,100円

富士急ハイランドの公式割引料金

富士急ハイランドでは、事前に購入したり午後だけ遊んだりするときは、割引料金が適用されます。公式割引制度をぜひ活用して、お得にパークを楽しみましょう。

フリーパス前売券(オンライン顔登録)

オンラインで買えるフリーパスの前売券なら、料金が100円安くなります。入場日を指定できますが、購入日から30日間利用可能なので、指定した日に行けなくても変更料等は不要。

基本的にはクレジットカード決済ですが、コンビニ払い※もあります。ただし、コンビニ払いは手数料がかかりますので、なるべくクレジットカードで支払いましょう。

なお、顔登録タイプのフリーパスをお持ちの方は、開園15分前に入場可能。そのため、人気のアトラクションに並ばずに乗れることもあります!

大人 6,100円
中高生 5,600円
小学生 4,400円
シニア(65歳以上)、妊娠している方 2,000円

※ローソン・ミニストップ・ファミリーマート・デイリーヤマザキ・セイコーマートで支払えます

フリーパス前売券(発券機対応)

オンラインで購入して現地の券売機で発券するタイプのフリーパスもあります。こちらも入場日を指定できますが、購入日から30日間利用可能ですので、万が一、予定していた日に行けなくても変更料等はかかりません。

クレジットカード決済ですが、コンビニ払い※にも対応しています。ただし、決済手数料がかかることに注意が必要です。

また、券売機対応のフリーパスは、開園15分前から入園できるサービスには対応していません。少しでも早く入園したい方は、顔登録タイプのフリーパスを買いましょう。

大人 6,100円
中高生 5,600円
小学生 4,400円
幼児(1歳以上) 2,000円
シニア(65歳以上)、妊娠している方 2,000円

※ローソン・ミニストップ・ファミリーマート・デイリーヤマザキ・セイコーマートで支払えます

アフタヌーンパス

アフタヌーンパスは、午後から販売&利用開始のアトラクション乗り放題のチケットです。富士急ハイランドが17~18時に営業終了する日は13時以降、19時以降に営業を終了する日は14時以降に利用できます。

基本的には以下の表の料金ですが、時期により変動することもありますので公式サイトでご確認ください。

大人 3,900円
中高生 3,600円
小学生 3,200円
幼児(1歳以上) 1,700円
シニア(65歳以上)、妊娠している方 1,700円

※ローソン・ミニストップ・ファミリーマート・サークルKサンクス・デイリーヤマザキで支払えます

年間フリーパス

年間4回以上、富士急ハイランドに行く方は、年間フリーパスがお得です。顔登録タイプのフリーパス同様、開園15分前に入場することができます。ただし、年間フリーパスは一部アトラクションが利用できませんので、事前に注意しましょう。

CLUBフジQ会員に登録後、Yahooパスマーケットで購入しましょう。購入手続き完了後、入園するまでにマイページから顔写真を登録しておくことも忘れないでください。入園時は「優先ゲート」から入り、ゲート内で顔認証をおこないます。記念日特典や同伴者割引もあります。

大人 18,600円
中高生 17,100円
小学生 13,500円
幼児(1歳以上) 7,500円
シニア(65歳以上) 7,500円

富士急ハイランドのフリーパス対象外アトラクションを全紹介

フリーパス(1日券)には、以下アトラクション、利用料は含まれていません。別途指定の料金を別途支払いましょう。

絶凶・戦慄迷宮/特別イベント/スケート貸し靴/コインアトラクション

絶叫優先券があれば並ばずコースターやお化け屋敷を楽しめる

「スマート絶叫優先券」は、ほぼ並ばずに乗り物に乗れるチケット。効率よく遊びたい方はインターネットで購入しておきましょう。料金は時期によって変わります。なお、E-TICKETなので発券は不要です。

スマート絶叫優先券の対象アトラクション
ド・ドドンパ、FUJIYAMA、高飛車、ええじゃないか、科学忍具道場、テンテコマイ、鉄骨番長、ナガシマスカ、絶望要塞3、富士飛行社

「時間指定券」は、入館時間を指定できるチケットです。こちらも、時期によって値段が変わります。

時間指定券の対象アトラクション
・絶凶・戦慄迷宮

富士急ハイランドのチケット購入方法

割引料金で行くなら、オンラインで事前に購入しましょう。クレジットカード決済もしくはコンビニ払いですが手数料がかかりますので、できればクレジットカードで支払いましょう。

なお、コンビニ払いの場合、手続きしても支払期日(アフタヌーンパスは申込みから3日以内)までに決済を完了しない場合は、自動的に予約が取り消されてしまいます。早めに決済しておきましょう

一方、当日券はパーク入口の券売機で購入します。入場するだけの方も、パーク入口の券売機で無料入園券を発券してください。

WILLERなら往復バスとパークチケットがセットで買える

WILLERでは、往復バスと富士急ハイランドのフリーパスがセットになったお得なプランがあり、チケットを買う手間が省けて便利です。

宿泊付きプランもあるので、旅行として富士急ハイランドに行きたい方にもおすすめです。フリーパスは1日分つくので、次の日は御殿場などで観光やショッピングを楽しむのがおすすめです。

WILLERの富士急ハイランド ツアーでバスもチケットも予約する

富士急ハイランド行きプランを検索する

出かける前に富士急ハイランドのチケットを用意しておこう

アトラクションごとにチケットを買うこともできますが、富士急ハイランドを思いっきり楽しむならフリーパスがお得です。前売りや高速バスセットで、早めにチケットを購入しておきましょう。

人気の絶叫系に乗るなら、インターネットで絶叫優先券を買っておくのもポイントです。あなたのスタイルに合ったチケットを選び、富士急ハイランドを楽しみ尽くしましょう。

WILLERのGo To トラベルキャンペーンで旅に出よう


WILLERなら、移動+チケット(+宿泊)をご予約で最大35%オフ!

移動手段(高速バス・夜行バス、フェリー、飛行機など)単体は割引対象外のため、チケットや宿泊(ホテル)を一緒に予約するのがおトクです。
WILLERのGo To トラベルキャンペーンを見る
※GoToトラベルキャンペーンは2021年1月8日時点で一時停止中です。

お出かけ
  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Line


PAGE TOP