【社会人の方必見】出張費を抑えたい!出張時の節約方法教えます

出張へ行く際の交通手段は様々です。新幹線や飛行機で行く方が多いと思いますが、場所や時期、時間によっては費用が少し高くなりますよね。今回は安くて便利な高速バスならではの、出張費の節約方法を紹介します。行きは高速バス、帰りは新幹線など組み合わせるだけでも出張費が安くなります。

高速バスが出張にオススメな理由

高速バスといえばどのようなイメージでしょうか。一般的に「安い」というイメージが強いと思いますが、その他にも「狭い」「窮屈」などのネガティブイメージもあると思います。
実は最近の高速バスはシートや車内設備にも工夫を凝らしており、快適に移動できるように日々進化しています。そんな高速バスが何故出張におススメなのか紹介したいと思います。

高速バスは費用が格段に安い

高速バスは一般的なイメージ通り料金の安さがメリットです。どのくらい安いのかまとめてみました。

交通手段 区間 平均片道料金
新幹線 新大阪駅-東京駅 約13,000円
飛行機 伊丹空港-羽田空港 予約時期によって変動
高速バス WBT大阪梅田-東京駅 約5,000円

他交通手段と比べると安くなっています。もちろん高速バスも長期休暇付近になると少し高くなりますが、一般的な平日の料金は上記表に記載されているくらいが平均です。片道分だけでも高速バスにすると、かなりの節約になることがわかります。

高速バスは乗降地が多い

高速バスは乗降地が多く、他交通手段と比べて、電車の乗り換えの必要が無い、もしくは少ないです。

例えば東京都内の乗降地を以下にまとめてみました。

新宿 銀座
池袋 上野
渋谷 新橋
原宿 浜松町
東京駅 大崎
品川 有明

これら乗降地も一部にすぎませんが、他の交通手段と比べるとかなり多くなっています。

新幹線は東京駅、品川駅のみ、飛行機も羽田空港と成田空港のみです。それに比べると高速バスの乗降地は多く、ダイレクトに目的地へ行くことができます。これも高速バスのメリットのひとつです。

高速バスの車内も快適

高速バスといえば「狭い」「窮屈」というイメージがあると思いますが、最近の高速バスのシートや車内は進化しています。「狭い」「窮屈」というイメージの高速バスは、いわゆる4列シート×12列の観光バスのような車内のことを想像していませんか。高速バスは4列シート×10列のものも増えており、シートピッチも従来より広くなっています。足が伸ばしやすく男性の方でも快適に過ごせるようになっています。

車内設備やサービスは様々です。

・充電可能
・Wi-Fi付
・トイレ付き
・3列独立シート
・隣の席が必ず空席

と色々あります。バス会社によって異なるので、自分にピッタリのシートを見つけてみるのも良いですね。

大阪 – 東京 充電OKの高速バス・夜行バス予約

高速バスで出張にオススメの路線

乗降地や安さなど、高速バスならではのメリットを活かした出張にオススメ路線を紹介します。もうすでに高速バスを使われている方も、WILLERならWEB予約が可能なので窓口に並ぶ必要はありません。よく使われる路線がある場合は是非チェックしてみてください。

関東発

東京発 新宿⇔松本
新宿⇔身延
東京⇔伊勢・鳥羽
茨城発 日立・水戸・石岡・つくば⇔東名豊田・名古屋駅

関西発

大阪発 大阪⇔鳴門・徳島
大阪⇔松山・八幡浜
大阪⇔松江・出雲
大阪⇔高知
兵庫発 神戸三ノ宮・舞子⇔徳島
福岡発 福岡⇔宮崎
福岡・福岡空港⇔湯布院
福岡・福岡空港⇔佐世保
高知発 高知⇔京都・名古屋
愛媛発 松山・八幡浜⇔東京

東海発

愛知発 名古屋⇔新潟
名古屋⇔富山

東北・北陸発

北海道発 新千歳空港⇔網走・北見
宮城発 仙台⇔鶴岡・酒田
青森発 青森・弘前⇔新宿・舞浜
長野発 長野⇔新潟

高速バス予約はこちら

さいごに

いかがでしたでしょうか。実際に私も高速バスで出張に行った経験があります。
東京出張で新幹線を利用したとき東京駅に到着したのですが、駅構内がとても広く迷いながら電車に乗り換えをした記憶があります。一方、高速バスならそのまま新宿に到着しスムーズにオフィスまで行くことができました。出張先にもよると思いますが、高速バスでの出張というのも行く場所によっては便利なので、出張に行く際は交通手段に高速バスもご検討ください。

お役立ち


PAGE TOP