夜行・高速バスにコンセントはある?充電箇所の有無やタイプ、注意点

夜行バス・高速バスに乗車の際、移動中のバッテリー切れは長距離乗車にとっては死活問題。そこでスマホやタブレットなどデバイスの充電切れにならないためのコンセント事情をお届けします。さらに、コンセントを利用する際の注意点などもご紹介します。

夜行・高速バスにコンセントはあるの?充電できる?

夜行バス・高速バスにはコンセントが標準搭載されているのでしょうか?特に長い時間バスに乗車する場合は、車両にコンセントが設置されているととっても便利ですよね。一般的な高速バスのコンセント事情やWILLERのコンセント設置有無、設置箇所についてご紹介します。

一般的な夜行バス・高速バス

近年、高速を運行するバスほとんどの車両でコンセントが設置されています。ただし、車両タイプによっては設置されていないケースも。乗車するバスにコンセントがあるかどうかは、運行会社のHPなどで調べておきましょう。

車内設置のコンセントの位置は、手の届きやすい手すりの下部や床面の足元など、引っ掛かりを防止するため腰より下の位置にあることが一般的です。

WILLERの夜行バス・高速バス

WILLERでは、ほぼ全車両で充電が可能!目的地に到着した頃には、スマホのバッテリーが切れていた、といったトラブルに見舞われることはないでしょう。

WILLERの夜行バス・高速バスに設置されているコンセントの位置は、レッグレスト横の足元の他、通路側のひじ掛けの部分に付帯されているものがあります。乗車後にチェックしておくと、乗車中スムーズに充電することができますよ。

夜行・高速バスのコンセントは2種類のタイプがある

一般的な夜行バス・高速バスにはコンセントタイプとUSBタイプの2種類のコンセントが採用されています。2つのコンセントについて詳しくご紹介します。

コンセントタイプ


一般的な充電ケーブルに対応したコンセントタイプです。差し込みがコンセント口になっているため、USBタイプのデバイスを充電するには、あらかじめACアダプターを用意する必要があります。

USBタイプ


USBジャック形式のコンセントです。スマホやタブレットはPCなどと接続するためにケーブル先がUSBになっています。最近では、バスのジャックもUSBタイプが搭載されている車両が増えてきました。USBタイプの車両で充電する場合は、アダプターは必要ありません。

WILLERの充電はコンセントタイプとUSBタイプの2種類

スマホに限らず、もちろんカメラの予備バッテリーやデジタルカメラ、PCなども充電可能です。

※成田空港へのシャトル便は全席USBタイプです。

夜行・高速バスのコンセントを利用可能な製品

夜行バスや高速バスに設置されているコンセントで利用可能なもの、利用不可能なものを解説します。

利用可能な製品の特徴

バス車内のコンセントに接続が可能なものは、基本的にバッテリーが付属したデバイスです。コンセントは、あくまで充電を目的として設置されていることを覚えておきましょう。バッテリーが内蔵されているスマホや音楽プレーヤーなどの充電は可能ですので、ご安心ください。

利用不可能な製品の特徴

先述したとおり、バスに設置されているコンセントは、充電用であり、電力供給用ではありません。ヘアアイロンやドライヤーといった、バッテリーのない製品はお使いいただけません。また、たこ足配線のように、電力を分散させる器具も使用NG。走行中のバスでは使用できる電力が限られ、コンセントから出力できるアンペア数にも上限があるためです。

電力を供給してはじめて使えるアイロンやドライヤーは、アンペア数が高く、コンセント容量をオーバーしてしまう危険があります。製品の故障にもつながりますので、絶対に使用しないでください。その上、狭い車内での熱を発する器具の使用は大変危険です。

夜行・高速バスのコンセントはどう使う?使用する際の注意点

高速バスや夜行バスのコンセントを利用する際の注意点をまとめました。コンセントで様々なデバイスを充電することが可能ですが、電子機器はある程度のマナーを守った上で使用しましょう。

音楽プレーヤーの音量に注意

コンセントで充電しながら音楽プレーヤーを使用する場合、イヤホンの音量には注意が必要です。長時間の乗車になる高速・夜行バスでは、音楽プレーヤーは旅のお供に最適。しかし、閉鎖した車内での音漏れは、他の乗客の迷惑になりかねません。ヘッドホンやイヤホンを必ず使用し、適切な音量で音楽を楽しみましょう。

消灯後のスマートフォンなどの明かり

夜行バスのマナー問題にデバイスの明るい光もよく取り上げられます。消灯時間中の電子機器の使用は控えましょう。夜行バス車内では、明るい光は安眠を妨げる要因になるためマナー違反。スマートフォンやタブレットなどは休憩時などに利用するにとどめてください。

充電器やアダプターの取り忘れ

コンセントを利用後、充電器やアダプターを取り忘れていないか必ずチェックしましょう。バスでの忘れ物としてよく聞かれるのが、充電器やアダプター。充電にかかわるアイテムは旅の間も重宝するものです。ケーブルやUSBアダプター、カメラ用充電器など、充電に使用したグッズは、バスを降車前に手荷物に収納してくださいね。

WILLERのコンセント付き夜行バス・高速バスの探し方


最近では、新幹線などにも座席にコンセントが設置されるなど、充電ができる交通機関が増えています。しかし、念のためにバス予約時には、コンセント搭載車であることを再確認しましょう!

WILLERの夜行バス・高速バスをネット予約される方は、車両タイプの解説に表示されるコンセントアイコンをご確認ください。アイコンが表示されているバスであれば、コンセントが設置されています。アイコンは下のようにシートタイプに沿って分かりやすく示されています。

長時間の移動に必須のコンセント!夜行・高速バス予約時は事前にチェック

夜行バス・高速バスのコンセント事情についてお届けしました。デバイスの充電には欠かせないコンセントは、長時間の移動になるバス旅行に非常に役に立ちます。しかし、車両によって完備していない場合もありますので、予約時に確認しましょう。

また、コンセントを使用する際は、充電目的として利用し、周囲の迷惑にならないようマナーを守って適切にご利用ください。

夜行バス・高速バスのコンセントで、お出かけに欠かせないデバイスの充電に活用し、いざという時に困らない安心の旅を体験しましょう。

お出かけ

※本記事は、2018年03月14日に公開しました。
最新の情報と異なる場合があります。ご了承ください。

感想を聞かせてください!

  • おもしろかった!
  • そこそこ
  • あんまり...