難波(なんば)駅周辺のコインロッカーを徹底解説!サイズ・場所・料金からおすすめ場所まで

大阪の難波(なんば)には、グリコの看板がある道頓堀などの有名観光地があります。関西国際空港から南海難波駅まで35分、新大阪から御堂筋なんばまでは16分、大型高速バスターミナルもある便利なターミナル駅です。多くの観光客の方が訪れるので、コインロッカーが不足することもしばしば。本記事では難波(なんば)周辺のコインロッカーサイズ・場所・料金を紹介したいと思います。

難波(なんば)駅周辺にあるコインロッカーについて

難波(なんば)は海外からの観光客も多いので、コインロッカーは大きいサイズが多い印象です。またICカードが使えるコインロッカーは少なく、現金対応のものが多いので注意しましょう。難波(なんば)のコインロッカーの数・大きさ・料金について見ていきましょう。

難波(なんば)駅周辺にコインロッカーはいくつあるの?

難波(なんば)駅周辺には合計で28か所のコインロッカーがあります。(地下鉄・南海・近鉄・JRを合わせた数)

難波(なんば)駅周辺のコインロッカーの大きさ・料金は?

難波(なんば)駅のコインロッカーの大きさと料金は以下の通りです。

大きさ 価格
S 300円~400円
M 500円
L 600~700円
LL 1,000円

地下鉄・御堂筋なんば駅周辺のコインロッカー

難波(なんば)周辺の駅でも地下鉄なんば駅は利用者がかなり多い駅です。地下鉄なんば駅は御堂筋線・四つ橋線・千日前線と3つ路線があります。その中でもコインロッカーの数が一番多いのは御堂筋なんば駅周辺です。御堂筋なんば駅は3つの地下鉄なんば駅の中でも一番利用者が多いので、コインロッカーの数も豊富です。

御堂筋なんば駅 南南改札(マルイ・高島屋方面)

鍵タイプのコインロッカーではなくQRコードが印刷されたレシートが出てきます。こちらも現金対応のコインロッカーなのでお気を付けください。M・Lサイズのロッカーが多いのでスーツケースを預けたい方はこちらのコインロッカーがオススメです。

サイズ 個数 価格
S 33 400円
M 77 600円
L 72 800円

 

支払方法 現金またはPiTaPa(Suica・PASMOなどは不可)
営業時間 4:30~25:30

御堂筋なんば駅 北東改札外(マルイ・高島屋方面への通路裏)

北東改札を出て左に曲がるとローソンが見えます。ローソン前からマルイ・高島屋方面へとコインロッカーが沢山あります。

IC対応(PiTaPa)のコインロッカーもあります。関西圏以外のICカード(Suica・PASMOなど)は対応していないので要注意です。

御堂筋なんば駅 南南改札出て右(5番出口)

南南改札出て右に曲がると5番出口が見えます。5番出口の通路にコインロッカーがあります。近くの「CLEVER COFFEE」が目印です。

サイズ 個数 価格
S 67 400円
M 70 600円
L 84 800円

 

支払方法 現金またはPiTaPa(Suica・PASMOなどは不可)
営業時間 4:30~25:30

御堂筋なんば駅 北西改札出て左(なんばウォーク入口)

北西改札出て左を曲がるとコインロッカーがあります。数は少ないですが、穴場なコインロッカーと言えるでしょう。

サイズ 個数 価格
S 30 400円
M 40 600円
L 39 800円

 

支払方法 現金またはPiTaPa(Suica・PASMOなどは不可)
営業時間 4:30~25:30

高島屋・南海なんば駅周辺のコインロッカー

関西国際空港からくる方は必ず使用する南海なんば駅。南海なんば駅はとても広く地下・1階・2階とあるので迷いやすいです。コインロッカーは各階にあるので行先に合ったコインロッカーの場所を確認しましょう。

南海なんば駅 1階三井住友信託銀行横

南海なんば駅の1階にはたくさんのコインロッカーがありますが、こちらの三井住友信託銀行横が一番数が多いです。また便利な位置にあるので、預けてそのまま遊びに行きやすい場所です。

サイズ 個数 価格
S 100 400円
M 36 500円
L 26 600~700円

 

支払方法 現金
営業時間 5:00~24:30

南海なんば駅 地下1階・階段横

難波(なんば)駅周辺にしては珍しく交通系ICカードに対応しています。Suica・PASMOなどの関西圏以外の交通系ICカードも利用可能です。ただコインロッカーの種類によって異なるのでご注意ください。

LLサイズのコインロッカーがあるので荷物が多い方はこちらで空きを探してみてはいかがでしょう。また個数も多く、そこまで人通りが多い場所ではないので、空いている可能性も高いと思います。

 

サイズ 個数 価格
S 124 400円
M 52 500円
L 23 600~700円
LL 5 1,000円

 

支払方法 現金または交通系ICカード(Suica・PASMO・PiTaPaなど)
営業時間 5:00~24:30

南海なんば駅 2階中央改札・JTB横

2階中央改札をでて正面を進むと、エスカレーター・階段があります。降りずにそのまま左の通路に行くとJTBが見えます。その通路の奥にコインロッカーがあります。2階中央改札を出てすぐに預けられるので、比較的迷わず行くことができ便利な場所にあります。

サイズ 個数 価格
S 69 400円
M 38 500円
L 44 600~700円

 

支払方法 現金
営業時間 5:00~24:30

地下鉄四つ橋線なんば駅・JR難波駅(OCAT)周辺のコインロッカー

JR難波駅周辺はOCATもあり、高速バスや夜行バスを利用する方にとっては馴染みがあるでしょう。また関西国際空港へ行くリムジンバスもここから出発するので、難波(なんば)の中心からは外れている場所ですが利用者は多いです。コインロッカーの数は比較的少ないのでご注意ください。
OCAT発の高速バスを見てみる!

地下鉄四つ橋線なんば駅 北改札

四つ橋線の北改札を出て正面に進むとローソンが見えます。ローソンの横にコインロッカーがあります。なんばウォークからであれば、まっすぐ進むとローソンが見えるので非常にわかりやすいコインロッカーです。

サイズ 個数 価格
S 13 400円
M 600円
L 16 800円

 

支払方法 現金
営業時間 4:30~25:30

JR難波駅 OCAT2階・高速バス乗り場

高速バス・夜行バスを利用する方ならこのコインロッカーに預けると便利です。他のコインロッカー箇所と比べると数が少ないので、空きがなければOCAT内で空きを探すのも一つの手段です。

サイズ 個数 価格
S 36 400円
M 24 600円
L 19 800円

 

支払方法 現金
営業時間 4:30~25:30

JR難波駅 OCAT1階・総合案内前

OCATに入ると1階の総合案内があります。その周辺にもコインロッカーがあるので是非チェックしてみましょう。

サイズ 個数 価格
S 24 400円
M 12 600円
L 8 800円

 

支払方法 現金
営業時間 4:30~25:30

まとめ・最後に

難波(なんば)周辺でも数が多く、わかりやすい場所にあるコインロッカーを紹介しました。難波(なんば)周辺のコインロッカーの特徴としては、現金対応しかしていないロッカーが多いことです。両替機がない場合もあります。事前に100円玉の準備をしていくことをおすすめします。コインロッカーに荷物を預けて観光を楽しんでください!

お役立ち
  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Line


PAGE TOP