高速バス・夜行バスに乗るときのヘアスタイル・ヘアセットってどうすればいい?

高速バス・夜行バスに乗るときのヘアスタイル・ヘアセット、どうすればいいのかお困りではないですか?

ヘアセットしたままバスに乗ってしまうと、翌朝着いたときにはもうボサボサ!?なんてことも。

 

今回は、高速バス・夜行バス乗車時に使えるヘアスタイル・ヘアセットをお教えしちゃいます!

 

高速バス・夜行バス乗車時、ヘアセットに役立つアイテムたち

ヘアスタイル・ヘアセットがキマらないと、その日はなんだか楽しめない!

でも、ヘアアイロンにスタイリング剤にヘアアクセサリー・・・いつも通りのアイテムを持って行こうとすると、かさばってしまって困りますよね。メイク道具もあるとさらに大変!

どうすれば荷物を増やさずに、いつもと同じクオリティのヘアスタイル・ヘアセットができるのでしょうか。

 

まずは何と言っても、前髪が命。

髪は女の命・・・もとい、前髪は女の命!(迫真)

こちらの前髪カーラーを使えば、電気や熱を使わずとも前髪をカールすることができます!お財布に優しいお値段なのも嬉しいですよね。

私もポーチの中に常備しており、雨の日、湿気で前髪のカールが取れてしまったときには重宝しています。毛先の毛束のカールが一部取れてしまった・・・なんて時にもサッとお直しできるのでとても便利です。

 

横・後ろの髪を、降車前に綺麗に巻くには?

横・後ろの髪におススメしたいのが充電式カーラー!

最近はUSB充電ができるものが発売され、ますます便利に!

私が持っているのはコンセント充電式なのですが、ウィラーのバスなら充電可能!

どこにコンセントがあるかは、こちらをチェックしてみてください。

あっ、ヘアアイロンはバス車内の使用が禁止されているので、注意してくださいね!

 

また、電気を使わないスポンジカーラーもおススメです。

寝る前にくるくる巻いて、着くときにはゆるふわカールの出来上がり♪ウィラーのバスならカノピーやMyカーテンがついているから、カーラーだらけの髪を誰にも見られずに済んじゃいます(笑)

 

横・後ろの髪を6つくらいにブロッキングし、それぞれくるくると巻いていきます。

私は毛量が多いので、8個使いますが・・・

 

即時解決!さらに0円!ヘアスタイル・ヘアセット工夫術

もう買いに行く時間が無い!お金を使わずにいま持っているもので解決したい!というみなさま、お待たせしました。これからは今すぐできて、しかもお金がかからないヘアスタイル・ヘアセットをご紹介します!

 

出発前にセットして、到着後までキープできる髪型とは?

それはズバリ・・・外ハネ

完全なる主観なのですが、毛先を外にハネさせるヘアスタイルは、なぜかバスの中で崩れにくかったのです。

 

ちなみに、入浴後、ドライヤーで乾かした髪をすぐセットするのは難しいため、

①ヘアスタイルキープスプレーを全体に振る

②スプレーが乾く前に、コームなど、なるべく目の細かい櫛で梳かす

③スプレーが完全に乾いた後、ヘアアイロンやコテで巻く

この手順を踏むことで、キープ力が断然違います!こちらは外ハネ以外にも使えるテクニックですので、みなさまよかったら試してみてくださいね!

ちなみに前髪は乗車前にヘアアイロンやコテで巻いて、気合で翌日まで持たせます。(おい)

 

ファッションアイテムでヘアスタイルを決める!

帽子はマストアイテム。

適当に髪をくくっても、キャップやベレー帽があれば簡単にキマりますよね。

 

私の定番はフィッシュボーン!

1度覚えると簡単にできるのに、かなり手がこんでいるように見えませんか?

きつく編んでも、編んでからほぐしてもかわいい!

ヘアゴムさえあればできるのでとっても簡単!毛先を丸めてくくるのがおススメです。

先述した前髪カーラーで毛先をカールさせてもかわいいですよ!

 

さいごに

高速バス・夜行バスに乗るときのヘアスタイル・ヘアセットって難しいですよね。

大事な予定や、ライブなどがある場合は美容院を予約するけれど、毎回そういうわけにはいかないし・・・

よかったらぜひ、これらの方法を一度試してみてくださいね!

 

ちなみに、WILLERバスターミナル梅田では、ウィラーのバスにご乗車のお客様にヘアアイロンやコテ・ヘアスプレーの貸し出しを無料で行っています。バスターミナル内にはパウダールームや着替え用の個室もあります。

WILLERバスターミナル梅田をご利用の際はぜひ、そちらも思い出してください!

 

詳しくはこちら。

感想を聞かせてください!

  • おもしろかった!
  • そこそこ
  • あんまり...

※本記事は、2019年01月09日に公開しました。最新の情報と異なる場合があります。ご了承ください。


PAGE TOP