【徹底解説】ハウステンボスの駐車場情報!台数・料金・広さやアクセスまで

ハウステンボスは長崎県にある広大な面積を誇る日本屈指のテーマパークです。遠方から来る方や、九州から来る方、それぞれ交通手段は様々だと思います。車(自家用車やレンタカー)で行く場合、駐車場に停める必要があると思います。ハウステンボスの駐車場の広さや料金など徹底解説したいと思います。

ハウステンボスの駐車場は?

ハウステンボスには第1駐車場から第4駐車場、ウエストゲート駐車場、ハーバー駐車場の計6箇所駐車場があります。ハウステンボス公式のホテルに宿泊せず日帰りで利用する方と、ハウステンボス公式のホテルに宿泊利用の方では駐車場の入り口が異なるのでご注意ください。宿泊利用の方は第1駐車場内の宿泊者優先駐車区画に停車する必要があります。

ハウステンボスの駐車可能台数は?

ハウステンボスで一番広い駐車場は第1駐車場です。こちらは約5,000台駐車可能です。第1駐車場が満車になると第2駐車場、第3駐車場が順に開きます。第1駐車場だけでも約5,000台駐車可能なので、かなりの広さを誇りますが、混雑時期にはやはり満車になることもあります。

・長期連休(春休み、GW、夏休みなど)
・イルミネーション時期

計6箇所駐車場があると言え、すべての駐車場が第1駐車場のように広くはないです。
万が一、駐車場が満車で入れない場合を考えると別の交通手段も考えておいた方がいいかもしれません。

駐車場の心配なし!高速バスでハウステンボスへ

ハウステンボスの駐車場料金は?

6箇所すべての料金表は以下となります。ちなみに支払いは現金のみなので、お気を付け下さい。

 

普通車 中型車 大型車 宿泊者優先停車区間
第1駐車場 800円/日 1,5000円/日 2,500円/日 2,000円/時間
第2駐車場 800円/日 1,5000円/日 2,500円/日 2,000円/時間
第3駐車場 800円/日 1,5000円/日 2,500円/日 2,000円/時間
第4駐車場 800円/日 1,5000円/日 2,500円/日 2,000円/時間
ウエストゲート駐車場  100円/時間
ハーバー駐車場 1000円/日

普通車や中型車の車種例については以下ご確認ください。

普通車 普通車・小型キャンピングカー・貸切タクシー・原付バイク
中型車 小型貸切バス・マイクロバス・中型キャンピングカー
大型車 大型貸切バス・中型貸切バス・大型キャンピングカー

オトクに駐車するには?

なんとハウステンボスの年間パスポート会員になると、平日の駐車料金が無料になります。
こちらは期間限定の特典で日程が決まっている可能性もあるので、利用する際は必ず公式HPをチェックしましょう。

この期間の駐車場利用には注意!

ハウステンボスの花火大会は非常に人気が高く、毎年混雑が予想されます。
その際に第1駐車場と第2駐車場は1日2,000円と1,200円も高くなり、第3駐車場と第4駐車場は1日1,500円と700円も高くなります。要注意です。

混雑時でもOK!高速バスでハウステンボスへ

ハウステンボスの駐車場の営業時間は?

第1駐車場から第4駐車場までは営業時間の30分前からハウステンボス営業終了時までです。
ちなみに2021年の9月~12月の営業時間は9:00~21:00です。(土曜日のみ22:00まで)
したがって、駐車場は8:30にオープンします。

ハウステンボスの駐車場までのアクセスは?

ハウステンボスの駐車場まで車でアクセス方法について紹介します。
まず佐世保大塔ICで降りてください。そこから国道205号経由で15分走れば、ハウステンボスに到着です。ちなみに車での所要時間は以下の通りです。

場所 時間 高速乗り口
福岡 約2時間 太宰府IC
長崎 25分 長崎自動車道・東彼杵IC

佐世保大塔ICはこちらです。

さいごに

ハウステンボスは駐車場も広大な面積なので、車を使って駐車場に停めるのもよいですが、時期によっては混雑が予想されます。もし自分の行きたい時期が花火やイルミネーションなど人気の時期であれば、ほかの交通手段も検討してみてください。
駐車場の心配なし!高速バスでハウステンボスへ

お役立ち
  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Line


PAGE TOP