男性の一人旅にもってこい!渋め国内エリアまとめ|おすすめスポットまで解説

男性の一人旅にもってこい!渋め国内エリアまとめ|おすすめスポットまで解説

男性一人旅といっても「どこに行けば良いのか」と、行先に悩む人も多いのでは。そんな時こそ、一人だからこそ肩ひじ張らずに楽しめる、気ままなぶらり旅はどうですか。今回は、男性一人旅を堪能できる観光や自然に触れられる場所など、おすすめのデスティネーションをご紹介します。

男性の一人旅におすすめのエリアは?

旅行といえば、家族やパートナーの意向を優先して場所の選択をしたり、計画を立てたりという男性も多いのでは。一人旅なら、自由気ままに無計画で出かけたり、行ってみたかった観光地をじっくりまわったりと一人の時間を堪能することができます。本記事では、男性の一人旅で注目されているおすすめエリアについてご紹介。一人旅を計画している男性は、ぜひ行き先の参考にしてみてください。

【広島県】の男性一人旅おすすめスポット

中国地方の男性一人旅におすすめしたいのが、広島県。広島といえば、広島焼きや野球の広島カープなどポピュラーな食べ物やトピックなどもありますが、海や山にも囲まれた地形的にも恵まれた土地でもあります。そんな魅力的な広島を、男性一人でゆっくりと回る際のおすすめスポットを紹介します。

宮島

宮島

住所 広島県廿日市市宮島町
アクセス 最寄り駅:JR宮島口駅・広電宮島口駅よりJR宮島フェリー乗車

宮島は、海に浮かんで見える朱塗りの鳥居が象徴的な厳島神社が有名です。宮島には3つの山があり、1時間から2時間半ほどのトレッキングもできるため、アクティブな男性一人旅におすすめ。また、フェリー乗り場まではスローな広電でも1時間強しかかからず、半日観光でも十分堪能できます。真っ青な海に鳥居の赤と山々の緑が映える、カメラ男子の一人旅にも絶好のロケーションです。

岩国城

岩国城

住所 山口県岩国市横山
アクセス 最寄り駅:JR山陽本線 岩国駅・JR山陽新幹線 新岩国駅よりバス「錦帯橋バスセンター」下車

広島から新幹線で約20分の山口県岩国は、木組みのアーチが美しい錦帯橋と岩国城が有名。この繊細な建築物と周りの自然が織りなす四季折々の絶景は、お城ファン以外も虜にし、人気の観光地となっています。岩国城までは錦帯橋そばのロープウェイでアクセス可能。岩国城は一部を除き幕府により取り壊しされましたが、その後、錦帯橋からよく見えるような位置に場所を移し、復元されました。

広島城

広島城

住所 広島県広島市中区基町21-1
アクセス 最寄り駅:JR広島駅徒歩25分・市電「紙屋町」下車徒歩7分

広島城は、市街地に位置するため市内観光の一環で訪れるのにも適しています。徒歩でもアクセスできますが、広島名物の路面電車を利用するのも乙。かつて櫓があったとされる88もの突起した石垣や、原爆投下でも生き残った古木などがあるなど、お城だけではない、これまでの広島の歴史にもふれられます。ここでなら、静かに思いを巡らせる一人旅を満喫できるでしょう。
広島の観光地を回れるお得なツアーをチェックする

【静岡県】の男性一人旅おすすめスポット

静岡県には、温泉地や自然に触れる観光スポットがたくさんあります。そんな静岡で、都会の雑踏を忘れて、自然に癒される男性の一人旅もおすすめです。首都圏からのアクセスも抜群で、思い立ったらすぐ行ける好都合なデスティネーションです。

修善寺温泉

修善寺温泉

住所 静岡県伊豆市修善寺
アクセス 東海道線・新幹線で三島駅乗り換え・伊豆箱根鉄道(約32分)で終点修善寺駅下車

静岡県伊豆市の修繕寺は、東京から新幹線で2時間の距離にある温泉地。竹林や地名の由来にもなったお寺「修善寺」の美しい紅葉などに囲まれた風光明媚なロケーションが人気の理由です。また、修繕寺はそば処としても有名で、ワンコインで食べられる塩そばや生のワサビが無料でついてくるご当地ならではのサービスもうれしい。男一人旅を日帰りでも満喫できるスポットです。

堂ヶ島

堂ヶ島

住所 静岡県賀茂郡西伊豆町仁科
アクセス 特別急行列車「踊り子」・新幹線「三島」乗り換えで伊豆箱根鉄道「修繕寺」よりバス72分・タクシー45分

堂ヶ島は西伊豆に位置するリアス式海岸と海底火山エラの地層が残るジオスポット。アドベンチャー志向の男のロマンを掻き立てる絶好の行き先ともいえるでしょう。おすすめは、堂ヶ島の奇岩や洞窟を楽しむクルーズ船。海の島々に沈む夕日のシーンは、カメラ男子の腕が鳴る決定的瞬間が残せるのでは。

三島スカイウォーク

三島スカイウォーク

住所 静岡県三島市笹原新田313
アクセス JR東海新幹線「JR三島駅」下車路線バス25分・タクシー20分

日本一長いつり橋、三島スカイウォーク。つり橋からは富士山を望むことができるほか、橋の先にあるエリアでは、バギーやセグウェイなどで行く山道ツアーやアスレチックを中心としたアクティビティも楽しめます。そのほか、レストランやショップも併設するレジャーランドとなっており、日頃の運動不足解消やリラクゼーションに最高のロケーション。もちろん、男性一人でもツアーに参加できます。
静岡県着の高速バスをチェックする

【神奈川県】の男性一人旅おすすめスポット

都心からほど近い神奈川県には、日本有数の温泉地である箱根や、大仏のある鎌倉、横浜中華街など、観光を楽しめるスポットがたくさんあります。男性が一人旅で気軽に出かけるには最適の距離感です。そんな神奈川でおすすめするスポットをご紹介します。

鎌倉大仏殿高徳院

鎌倉大仏殿高徳院

住所 神奈川県鎌倉市長谷4丁目2-28
アクセス 最寄り駅:江ノ島電鉄「長谷駅」

鎌倉は男性一人旅にもふさわしいスポットです。鎌倉大仏で知られる高徳院や、出世稲荷と呼ばれる「佐助稲荷神社」、パワースポットとして有名な「鶴岡八幡宮」など、多くの観光スポットがあります。しかも、徒歩で回ることが可能。男性一人旅で鎌倉に行くなら、神社仏閣巡りでご利益にあずかり、パワーアップする旅というのもいいかもしれませんね。

横浜中華街

横浜中華街

住所 神奈川県横浜市中区山下町
アクセス 横浜駅から横浜市営地下鉄「関内」・「市川町」下車/みなとみらい線「日本大通り」・「元町中華街駅」下車

横浜中華街は、600軒以上のレストランや店が集約された外国情緒あふれるエリアです。また、仕事帰りにさくっと寄るにもアクセス抜群。ちょっとした非日常を気軽に味わいたい男性の一人旅にぴったりです。食べ歩きやテイクアウトはもちろん、中華街からほど近い横浜外国人墓地や港の見える丘公園、赤レンガ倉庫などに足を運び景色を味わうのも最高です。
横浜の観光地を巡るお得なツアーをチェックする

箱根温泉

箱根温泉

住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本
アクセス 最寄り駅:小田原駅から箱根登山線「箱根湯本駅」

箱根は、新宿や羽田空港からもアクセスが簡単な1200年の歴史ある温泉地です。泉質の多さで知られる箱根は、日帰り温浴が楽しめる施設も20近く。芦ノ湖クルーズや温泉湯煙が立ち上る大涌谷を見下ろすロープウェイなど1日楽しめるバス観光もあり、温泉気分を満喫したい男性の一人旅におすすめしたいスポットです。
神奈川県着の高速バスをチェックする

【奈良県】の男性一人旅おすすめスポット

男性一人旅には、古の都、奈良もおすすめ。東京からのアクセスもよいですが、大阪から約30分でアクセスできるため、関西圏に来たらついでに立ち寄りたいエリアです。男性一人旅でエンジョイできる奈良の観光スポットをご紹介します。
東大寺

住所 奈良県奈良市雑司町406-1
アクセス 最寄り駅:近鉄奈良線「奈良駅」

東大寺には、通称「奈良の大仏」と呼ばれる日本最大の金銅仏があります。近鉄奈良駅から徒歩でもアクセスでき、お土産店やレストランなども多く集まる奈良市の中心地に位置。奈良駅ビルには大仏の手や法隆寺の五重塔など巧妙なレプリカの展示があり、仏像ファンならうれしい穴場的スポットかも。

奈良公園

奈良公園

住所 奈良県奈良市春日野町
アクセス 最寄り駅:近鉄奈良線「奈良駅」

奈良公園は、近鉄奈良駅から徒歩で5分ほどの場所にある大きな公園。奈良大仏の向かい側に位置しており、春日奥山まで4キロにわたり続いています。名物は、放し飼いされている約1300頭の鹿たち。公園周辺で購入できる鹿せんべいで餌付けして、鹿に癒される男一人旅も良いのでは。

法隆寺

法隆寺

住所 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺 山内1-1
アクセス 最寄り駅:JR法隆寺

奈良観光は、JR奈良駅からバスや電車でもアクセスできる法隆寺がおすすめ。日本で最初に世界遺産に指定されたお寺で、五重塔は1300年以上も建築時の姿を留めています。法隆寺の鏡池のほとりには有名な「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」という正岡子規の句の石碑が。法隆寺で、時の流れと静けさに思いをはせるのも男一人旅の乙な過ごし方です。
奈良県着の高速バスをチェックする

【福井県】の男性一人旅おすすめスポット

福井県は、首都圏や関西圏、中部からでもアクセスしやすい日本海に面したエリア。福井と聞いて一番に思い浮かぶのは「越前カニ」という人も多いのでは。福井にはカニのほかにも、ジオスポットや温泉、禅の里などの様々な旅のスポットが存在します。そんな福井県の男性一人旅におすすめしたい観光エリアをチェック。

東尋坊

東尋坊

住所 福井県坂井市三国町東尋坊
アクセス 越前鉄道三国芦原線「三国駅」よりバス「東尋坊」下車

東尋坊は、世界に3か所しかないといわれる柱状節理の断崖絶壁。遊覧船ツアーで海から臨む、切り立った奇岩や断崖の形状は圧巻です。スリリングな高さや、海から切り立つ断崖の迫力に、畏怖にも近い感覚を得られることでしょう。男性一人旅にぴったりのワイルドなスポットです。

あわら温泉

あわら温泉

住所 福井県あわら市
アクセス 最寄り駅:北陸本線「JR芦原温泉駅」

福井県のあわら(芦原)温泉は、福井県有数の温泉街として、昔から人々に愛されてきました。そんな名湯で有名なエリアでは最近、北陸新幹線開業や越前鉄道「あわら湯の町駅」前に新しくオープンした「ゆけむり横丁」という屋台式の飲食店に注目が集まっています。男性一人旅には、そんな飲み処もうれしいロケーションです。断崖絶壁の「東尋坊」からも近いため、東尋坊観光の後にあわら温泉でリラックスというのも一人旅にぴったり。

大本山 永平寺

大本山 永平寺

住所 福井県吉田郡永平寺町志比5-15
アクセス 最寄り駅:えちぜん鉄道・勝山永平寺線「永平寺口駅」

永平寺は、樹齢500年ともいわれる古木に囲まれた神秘的な雰囲気の漂う禅の里。フランスの格付けブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」でも価値のある観光地として紹介されています。そんな知名度が高く美観も賞賛されるお寺で、雑踏を離れ、自分と向き合う瞑想の一人旅はいかがですか。
福井県着の高速バスをチェックする

【北海道】の男性一人旅おすすめスポット

北海道は、男性一人旅でぜひとも行くべきデスティネーション。「北海道と言っても、広大でどこに行けばいいか迷う」という男性でも楽しめる、こぢんまりとしたぶらり旅にも適したスポットをご紹介します。

大通公園

大通公園

住所 北海道札幌市中央区大通西1丁目~12丁目
アクセス 最寄り駅:札幌市営地下鉄「大通駅」

大通公園は、札幌の中心を1.5キロにわたり続く公園です。公園周辺は、札幌駅や狸小路、すすきのなど、グルメスポットや多くのショップがあります。徒歩でアクセス可能というところも高得点。無計画だけど、観光もグルメも楽しみたいという男性一人旅にはうってつけのスポットです。穴場も知りたいというあなたは、西3丁目のボランティア案内を活用してみては。

もいわ山

もいわ山

住所 北海道札幌市中央区伏見5丁目3-7
アクセス さっぽろ駅から地下鉄東西線「丸山公園駅」下車、JR北海道バスロープウェイ線「もいわ山ロープウェイ」

札幌市のど真ん中に位置し、札幌の大パノラマが楽しめる「もいわ山」。日本屈指の夜景スポットとしても有名なので、カメラ男子は夜の観光がおすすめ。2キロ~4キロにわたる登山コースもあり、健脚な一人旅男子ならトレッキングも挑戦したいスポット。

小樽運河

小樽運河

住所 北海道小樽市港町5
アクセス 最寄り駅:JR小樽駅

小樽駅を出ると、すぐに目に入るのが運河と海。小樽は昔から水の都として栄えた町です。小樽には倉庫や銀行、料亭などとして使用されていたレンガ造りの建築が目立ちます。札幌の銘菓六花亭や白い恋人などのお店もあり、スイーツ男子には見逃せないスポット。また小樽駅周辺にはお寿司屋通りというエリアもあり、北海道の海鮮グルメ楽しめます。
北海道着のフェリーをチェックする

男性が一人旅をさらに楽しむためのポイント

男性の一人旅を満喫するためには、あえて予定を立てないぶらり旅もGOOD。また、普段利用するような速さ重視の交通機関はスキップして、時間や景色を楽しむ移動をするのもよいのでは。男性一人旅を最大限に楽しむためのポイントを解説します。

あえて予定を決めない

男性の一人旅は、あえて予定を決めないフリーな旅もクール。会社帰りや、週末を利用して、行き当たりばったりで楽しむぶらり旅はいかがですか。肩ひじ張らないゆっくりとした旅は、日頃の忙しさからあなたを解放し、リフレッシュさせてくれるでしょう。

旅の記録をする

旅は記録に残すことで、2倍楽しむことができます。カメラ男子ならなおさらのこと、写真やビデオを見返すことで旅の喜びや楽しさがよみがえってくることでしょう。またインスタ映えの観光地にいったり、旅ブログなどを作成すれば、情報発信としてもとっても意味がある一人旅になるでしょう。

移動も楽しむ

男性一人で出かける旅は、移動手段も楽しんでみましょう。ゆったりとした時間と旅の情緒を最大限に満喫するために、普段利用しないバスやフェリーなどの交通手段を選ぶのがコツ。今まで見過ごしていた美しい景色に出会えるかも。

男の一人旅は、気ままに出かられけるバスも活用したい

男性が一人で行く旅では、計画を綿密に立てるのではなく、なんとなく出かけるぶらり旅がかっこいい。バス旅行なら格安かつ自分で運転しなくていいのもメリットです。思い立ったら予約できる自由さも魅力。今回ご紹介したおすすめエリアを参考に、男一人旅を満喫してみては。

\気ままに出かけるならまずチェック/

人気のツアーを探す

お出かけ
  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Line


PAGE TOP