【後編】日本一周サイコロの旅!大阪で食い倒れ愛媛で癒やされ福岡で〆る

 

前回までのおさらい
日本一周サイコロの旅 前編はこちら
日本一周サイコロの旅 中編はこちら

 

サイコロの出目によって、その日の観光費が決まる日本一周サイコロの旅。東京のバスタ新宿からスタートし、青森、北海道、名古屋、新潟に訪れたがねりん。

中編では名古屋(2日目)からスタート。心を込めて祈ったかいがあり、5,000円で名古屋めしや名古屋城を心ゆくまでを堪能することに。

続く5日目の新潟でも、タレカツや縁結び神社を満喫するべく、神に強く願う。しかし、願い虚しく出目は1。最低金額である500円を当ててしまう。

それでも、運良く見つけた観光循環バスを活用し、新潟の観光スポットを格安で楽しんで、次の目的地である大阪へ。

がねりんの移動マップ中編

日本一周サイコロの旅もついに終盤。果たして、最後まで観光を堪能できるのか? 

日本一周サイコロの旅後編スタート!

 

【6日目】豪遊なるか!?大阪で食い倒れる!

梅田スカイビルに到着
新潟から約11時間で大阪に到着しました! 4列シート+長時間の移動で体への負担が不安でしたが、今回はWILLER EXPRESSのリラックスシートだったので、想像以上にゆったりとくつろげました。体の疲れも少ないので、これなら大阪観光も全力で楽しめそう! 
がねりんが乗った大阪行きのバスを見てみる!
それでは、サイコロを振る前に大阪でやりたいことを発表します。

【大阪でやりたいこと】

・たこ焼きを食べる

・串カツを食べる

・やまきでホルモン串を食べる

・新世界を散歩する

・通天閣を見る

・道頓堀を散策する

食を楽しむなら、最低でも2,500円。5,000円あればなお良し。早速サイコロを振っていきましょう。
ちなみに、サイコロの出目によって獲得できる観光費は下記の通りです。

【出目でゲットできる観光費】

・1の目・・・500円

・2の目・・・1,000円

・3の目・・・1,500円

・4の目・・・2,000円

・5の目・・・2,500円

・6の目・・・5,000円

サイコロを振る
神様っ、大阪で豪遊させてください!!

サイコロの4の目
サイコロの出目は4! 観光費は2,000円。

理想の額には若干及びませんでした。移動費などを少し切り詰めながら、大阪の食を思いっきり楽しんでいこうと思います。

それでは、まずは新世界に行きましょう。

新世界と通天閣
新世界に到着! この看板がごちゃごちゃしている感じや、通天閣がドンッとそびえ立っている感じといい、最高の街です。

スマートボール
食事と行きたいですが、どうせ食を楽しむなら、もう少しお腹をすかせておきたいので、時間つぶしに、ピンボールの一種として知られている「スマートボール(100円)」を楽しみましょう。

スマートボール

このアナログな感じが良い!

スマートボール ニュースター
住所:〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東3丁目5−19
HP:https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000163286/

さて、お腹もペコペコになってきたので、串カツを堪能しに行きましょう。

新世界串かつたこ焼き丸かつ
というわけで、新世界にある「新世界 串かつたこ焼き 丸かつ」で、串かつとたこ焼きを食べたいと思います。

たこ焼きと串カツ
キタキタキタ! 「串かつ、たこ焼き、大好きなコーラ(合計891円)」。大阪を堪能できる最高の組み合わせです。

ソースにつけた串カツ
串かつをソースにたっっっぷり漬けて・・・。

串カツを食べる
いやーー、美味い! サクサクでホックホク。ソースのしょっぱさも最高!

たこ焼き
そして、次はたこ焼き。

たこ焼きを食べる
ハフッ、アッ、ハフ、ハフ。うま。

コーラを飲む
くぅ〜〜〜〜!

串かつとたこ焼きの塩っぱさをコーラで一気に流し込むの最高!!

新世界 串かつたこ焼き 丸かつ
住所:〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東2丁目3−14
電話番号:06-6645-7500
HP:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270206/27095786/

 

さて、まだ軽く食べただけなので、次はずっと行きたかったお店に行きます。

鉄板焼きホルモンやまき

YouTubeを中心にバズりまくってる「鉄板焼きホルモン やまき」に来ました。最近ではインバウンドが増えて観光地化している西成にあり、新世界からも歩いてすぐ。

ここの魅力は、格安で提供される「ホルモン串やレバー(各70円)」。そして、にんにくと唐辛子がたっぷり入ったタレです。

ずっと行きたかった場所に来られて嬉しいです! 開店前から長蛇の列ができており、人気なのが伺えます。

鉄板の上のホルモン

あたりに充満するタレの香ばしい匂い。ジューという音から既に美味しい!!

それでは、早速タレにくぐらせていただきましょう。

ホルモンをタレにつける
あの念願のタレに! 夢のよう!!

食欲が爆発しそうなので、いただきます!

ホルモンを食べる

うっっっっまい!!!

口に入れた瞬間、強烈なにんにく臭が鼻をドンッと突き抜けてくる。その後唐辛子の辛味や香ばしいタレの風味が口いっぱいに広がって極上の美味しさでした。

鉄板の上のレバー
レバーも新鮮で、ブリンブリン。これもタレに漬けて食べましょう。

レバーをタレにつける
完璧すぎる。レバーはブリンとした食感で食べごたえがあり。そして、新鮮なおかげか、レバー特有の臭みは全くないので、パクパクと食べられるの良いです。タレとの相性も抜群でした。

これだけを食べるために、大阪に来ていいぐらい美味すぎる。

やまきでは「ホルモン串を2本、レバーを1個、チューハイ1本(合計510円)」を堪能。本当はもっと食べたかったんですが、もっと大阪を楽しみたいので、今回はこれぐらいで。

鉄板焼きホルモン やまき
住所:〒557-0004 大阪府大阪市西成区萩之茶屋2丁目2−7
電話番号:06-6634-3535
HP:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27058788/

 

次は難波にある「わなか」のたこ焼きを食べに行ってきます。

わなかなんば店
ここが大阪でも人気のたこ焼き屋さん「わなか なんば店」です。普通のたこ焼きは先ほど食べたので、今回は「たこせん+トッピングをもりもり(合計300円)」にしていただきます。

ちなみに、たこせんとはたこ焼きを駄菓子であるたこせんべいに挟んで食べる、大阪のソウルフードです。

たこせん
このボリューム! 一口食べると、せんべいのサクサク感とたこ焼きのとろとろ感が口いっぱいに広がる!

そして、後からトッピングのチーズ、ネギの風味も感じられて最高です。

わなか なんば店
住所:〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波3丁目7−24
電話番号:06-6631-5920
HP:https://r.gnavi.co.jp/plan/94dx0kgb0000/plan-reserve/plan/plan_list/?sc_cid=google_kg_reserve

 

さぁ、そうこうしているうちに夕方になってきたので、最後に道頓堀をゆっくり散策しましょう。

道頓堀のグリコの看板
うわー、グリコの看板だー! 周りのごちゃごちゃした感じも面白い。

道頓堀のかに道楽の看板
かに道楽の看板といい、看板を見ているだけでも十分楽しいです。

道頓堀のくいだおれ太郎
くいだおれ人形も僕を歓迎してくれている。

道頓堀の電光掲示板
イエイ!

道頓堀のアーケード
道頓堀はにぎやかで、歩き回るだけでも見どころが多くて楽しかったです!

大阪駅
食べたいものをお腹いっぱい食べて、道頓堀も堪能できて最高の大阪観光でした。今度は、もっとたくさんのグルメを楽しんでみたいですね。

WILLER EXPRESSのバス車内
今日は電車を使わずに移動していたので、体がクタクタです・・・。

WILLER EXPRESSのリラックスシートでしっかり体を休めて、次の目的地の愛媛に向かいたいと思います。

がねりんが乗った愛媛行きのバスを見てみる!

【7日目】今日は癒しデー!愛媛の道後温泉を心ゆくまで堪能

愛媛の路面電車

愛媛に到着しました! WILLER EXPRESSのリラックスシートでくつろげたものの、先日の疲れが少し残っています・・・。

そこで、愛媛ではこんなことをやる予定です!

【愛媛でやりたいこと】
・道後温泉でくつろぐ

・温泉をはしごする

・温泉街でグルメを食べ歩き

・松山城を散策

愛媛では道後温泉でゆったり疲れを癒しながら、温泉街のグルメを堪能しようと思います。バス停から道後温泉は非常に近いらしいので、まずは移動してからサイコロを振りましょう。

道後温泉本館

道後温泉本館
住所:〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5−6
電話番号:089-921-5141
HP:https://dogo.jp/onsen/honkan

道後温泉の足湯

き・も・ち・良い〜〜〜。気持ちよすぎて動けなくなりそう。

 

さて、気力を振り絞ってサイコロを振りましょう。温泉やグルメを楽しむなら、最低でも1,500円以上は欲しいところ。

サイコロを投げる

えいやぁ!!

サイコロの4の目

出目は4! 2,000円。

喜ぶがねりん

希望額以上で良い。今日は温泉デーだ!!

というわけで、早速温泉に行きましょう。

椿の湯

まず最初は、昭和28年創業という長い歴史を持つ「椿の湯」でゆっくり体を休めようと思います(入浴料のみ400円)。

こんなこともあろうかと、バスタオルとシャンプー、ボディーソープは持参してきたので、かかるお金は入浴料だけです。

マッサージチェアでくつろぐがねりん

気持ち良すぎだぜぇ・・・。

温泉は大浴場がドーンとあるシンプルな感じで開放感はバッチリ。お湯も少し熱いぐらいの湯加減で、くつろげました。疲れも軽くなってきたので、次の温泉に入る前にグルメを楽しんでいきます。

道後温泉椿の湯
住所:〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町19−22
電話番号:089-935-6586

谷本蒲鉾店

まずは大正5年創業の「谷本蒲鉾店」で、「じゃこカツ(340円)」をいただきます。じゃこカツとは、名物のじゃこ天をとんかつのように衣をつけて揚げた料理とのこと。

じゃこカツ

もともと手のひらぐらいあるじゃこ天をカツにしているので、衣がついた分、さらにボリューミーに。重さもズッシリしているので、食べごたえがありそうですね。

じゃこカツを食べるがねりん

アツい・・・、けど美味い!!

じゃこ天のふっくらとした食感と、衣のサクサク感がベストマッチ。さらに、じゃこ天そのものの味がしっかりしているので、ソースなしでも十分な美味しさです。

谷本蒲鉾店 松山道後店
住所:〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町20
電話番号:089-933-3032

まだまだ温泉街のグルメがたくさんあるので、別の店舗に行きましょう。

寺子屋本舗もち焼きせんべい

おっ! 美味しそうなおかき発見。

ピリ辛七味おかき

今回は七味がたっぷり付いている「ピリ辛七味おかき(140円)」をいただきます。

七味の風味と辛さ。そして、醤油の香ばしさ。全てがうまく噛み合って美味しい!! 大きさも手のひらほどで、ボリューミーなのも嬉しいです。

寺子屋本舗 もち焼きせんべい
住所:〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町13 17『㈲近藤去来堂店舗』 内
電話番号:089-921-0019

しょっぱいものが続いたんで、喉が乾いてきました。

ポンジューススパークリング

愛媛といえば「みかん」ですからね。愛媛が発祥である「ポンジュースのスパークリング(140円)」で、喉を潤しましょう。

ポンジューススパークリングを飲むがねりん

クゥ〜〜〜! 

みかんのサッパリした味にスパークリングの爽快感が合わないわけない。さて、口がリフレッシュしたので、次は甘いものでも食べましょう。

道後限定の黒ゴマ蒸し饅頭

「道後限定の黒ごま蒸し饅頭(120円)」ですか。気になりますね。

値段もリーズナブルで、甘いものを求めている今にちょうど良いです。

道後限定の黒ゴマ蒸し饅頭

一口食べた瞬間、黒ごまの風味が爆発! 自然な甘さでクドすぎず、油断していると何個も食べてしまいそうな美味しさです。

ごま福堂 道後店
住所:〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町6−15
電話番号:089-947-2144

うなぎ小椋

「うなぎ 小椋」に「たまご串(100円)」を売っているお店もあったので、一本購入します。

たまご串

100円でこのボリューム。シンプルな料理ですが、なかなか美味しそう。

たまご串を食べるがねりん

卵の甘みとだしの風味が最高のバランスで調和している・・・! 美味しいものばかりで、道後温泉の食べ歩きも大満足です。

うなぎ小椋道後店
住所:〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町12−29
電話番号:089-909-5888

湯築城跡

お腹も膨れてきたので、散歩がてら道後温泉周辺を散策しましょう。

というわけで、道後温泉からすぐ近くにある「湯築城跡(ゆづきじょうあと)」にやってきました。

湯築城は国の史跡に指定されており、庭園風景や街を一望できる展望台など魅力だそうです。温泉に入った後、ゆっくり散歩するには最適な場所ですね。

湯築城跡

人も少ないので、ゆったりと過ごせるのも良いところ。一人旅の方は、温泉に入った後にここでリラックスするのもおすすめです。

湯築城跡
住所:〒790-0857 愛媛県松山市道後公園1
電話番号:089-941-1480

伊佐爾波神社

次は道後温泉駅から徒歩5分のところにある「伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)」に来ました。

伊佐爾波神社とは、日本三大八幡造の一つであり、国の指定重要文化財でもあります。

それにしても、気分によっては登るのを諦めそうな迫力です。ただ、縁結びのパワースポットらしいので、是が非でも登ってやろうと思います。

伊佐爾波神社の石段

はあ〜〜〜、石段なので非常にバランスが取りづらかったですが、なんとか登りきりました。

雨の日などは滑りやすそうなので登る予定の方は要注意です。

伊佐爾波神社

早速、祈ってきましょう(お賽銭10円)。

伊佐爾波神社の神に祈るがねりん

彼女が欲しいですっと。

伊佐爾波神社の恋みくじ

今日は金銭的に余裕があるので、「恋みくじ(100円)」も引いちゃいましょう。

まあ、まあ、まあ。うん。まあね。うん、うん。

悲観することはありません。

おみくじをくくりつける

伊佐爾波神社
住所:〒790-0838 愛媛県松山市桜谷町173
電話番号:089-947-7447

散歩して、階段にも登って程よく汗をかいてきたので、ひとっ風呂浴びに行きましょう。

道後温泉本館

最後は「道後温泉本館(入浴料のみ420円)」でサッパリしたいと思います。

道後温泉に入浴したがねりん

さすが、重要文化財であり道後温泉を象徴する場所です。

温泉内は迫力のある湯釜がどっしりと構えられた大浴場が一つ。温泉に入りながら、長い歴史をビシビシ感じられて、非常に気持ちよかったです。

うなぎ小椋のうなぎ入りの焼きおにぎり

道後温泉の〆に、たまご串を購入した「うなぎ小椋 道後店」で、「うなぎ入りの焼きおにぎり(200円)」を堪能しましょう。

うなぎ小椋のうなぎ入りの焼きおにぎり

タレの香ばしい風味に、うなぎのジューシーな食感。

焼きおにぎり史上、一番美味いですわ。

それでは、最後に松山城を拝んで愛媛観光を終えようと思います。

松山城

これが松山城か。

標高132mの城山山頂に本丸があるので、ここまで登るのに一苦労でしたが、拝めて良かった。ただ、道後温泉でお金をほとんど使い切ってしまったので、天守閣に登れないのが残念・・・。

ですが、悲観することはありません。

松山城からの景色

天守閣前の広場からこんな美しい景色を見られたので、それだけで十分。

この神々しさ。光の向こうに仏様が見えそう。

松山城
住所:〒790-0008 愛媛県松山市丸之内1
電話番号:089-921-4873

松山市駅

愛媛で身も心も癒やされました。もう思い残すことはありません。

バス車内

伊予鉄南予バスの3列シートに乗って、最後の目的地である「福岡」に向かいましょう! 10時間以上の長時間移動ですが、3列シートなので窮屈感なく過ごせそうです。

シートに体を預けて、のんびり移動しようと思います。

がねりんが乗った福岡行きのバスを見てみる!

【8日目】最終目的地の福岡!シメはやっぱりラーメンで

博多駅

博多駅に到着しました! 愛媛で疲れを癒せたのと、3列シートでリラックスできたのも幸いして、元気ハツラツです。

福岡でやりたいことは下記の通り。

【福岡でやりたいこと】

・太宰府に行く

・明太子を食べる

・とんこつラーメンを食べる

・ラーメンにトッピングをモリモリつける

・替え玉もする

日本一周の旅の最後の目的地である福岡。どうせなら、良い出目を出してめいいっぱい遊びたいです。

サイコロを持つがねりん

頼む。良い目よ、出てくれ・・・。

サイコロを投げる

最後に豪遊を!!

サイコロの5の目

出目は5! 観光費は2,500円!!

惜しい。あともう一息で5,000円でしたけど、これでも十分です。

それでは、まずは太宰府を見に行きましょう。

太宰府駅

少し遠かったので、今回は博多駅から太宰府駅まで電車で向かいました(合計440円)。

太宰府駅
住所:〒818-0117 福岡県太宰府市宰府2丁目5
電話番号:0570-00-1010

太宰府天満宮までの道のりには、梅ヶ枝餅など食べ歩きできるグルメがたくさんとのこと。食べ歩きが捗りそうですね。

梅ヶ枝餅屋

早速、ここで「梅ヶ枝餅(130円)」をいただきましょう。餅が焼けるいい匂いがあたりに漂っていて、食欲をそそられる〜。

梅ヶ枝餅

これが梅ヶ枝餅です。食べてみると、餅は外がサク、中はモチモチという癖になる食感。

あんこもぎっしり詰まっており、とろけるような甘さで美味しいです! 

梅ヶ枝餅屋

梅ヶ枝餅

あまりにも美味しかったので、別の店舗でまた「梅ヶ枝餅(130円)」を買っちゃいました。ここの梅ヶ枝餅も美味しい!!

スターバックスコーヒー太宰府天満宮表参道店

太宰府天満宮までの道のりには、写真のようなおしゃれなスタバもあります。建築家 隈研吾氏がデザインし、木のぬくもりを感じる独特な外観が特徴。ここで一杯コーヒーを嗜むのもいいですね。

スターバックスコーヒー 太宰府天満宮表参道店
住所:〒818-0117 福岡県太宰府市宰府3丁目2−43
電話番号:092-919-5690

太宰府天満宮

これが太宰府天満宮・・・。さすが、天神さまを祀る全国約12,000社もの神社の総本宮。なんかものすごいパワーを感じる気がします。

お賽銭の100円

太宰府天満宮に祀られている天神さまは、「学問・至誠・厄除けの神様」と言われているらしいので、ドーンとお賽銭(100円)を渡して、賢くしてもらいましょう。

太宰府天満宮で祈るがねりん

すごく賢くなりたいです。

太宰府天満宮
住所:〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4丁目7−1
電話番号:092-922-8225

祈ったおかげか、太宰府天満宮の近くある「竈門神社(かまどじんじゃ)」という縁結び神社にも行く、という妙案が浮かんだので、向かいます。

竈門神社

ここが竈門神社です。竈門神社とは、古くから縁結びの神で知られている、玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀っている神社とのこと。

何の根拠もありませんが、太宰府天満宮からも近いですし、とても期待ができますね。

お賽銭の100円

本気だからこそ、ケチケチせずドーンとお賽銭(100円)をするのが一番です。

竈門神社で祈るがねりん

お願いします。どうか、どうか何卒、素敵な方と出会わせてください・・・!!

竈門神社の鳥居

竈門神社には、写真のような鳥居など見どころもたくさんあります。お守りやおみくじの購入もできるので、気になる方はそちらも要チェックです。

宝満宮 竈門神社
住所:〒818-0115 福岡県太宰府市大字内山883
電話番号:092-922-4106

それでは。太宰府駅に戻ってもう少し観光を楽しみましょう。

太宰府駅

梅ヶ枝餅

もう箱買いしてしまいたい(130円)。

松屋
住所:〒818-0117 福岡県太宰府市宰府2-6-12
電話番号:092-922-6125

もち焼きせんべい寺子屋本舗

次は「もち焼きせんべい 寺子屋本舗」に寄ってみます。おかきやぬれおかきなど種類豊富で迷う・・・。

柚子胡椒マヨネーズのぬれおかき

「柚子こしょうマヨネーズのぬれおかき(260円)」を注文しました。

意外性のある組み合わせですが、甘じょっぱいぬれおかきにマヨネーズがよく合う!さらに、柚子こしょうの爽やかで刺激のある風味も加わって、味わったことのない美味しさでした。

寺子屋太宰府本舗 太宰府煎餅
住所:〒818-0117 福岡県太宰府市宰府3丁目1−20
電話番号:092-921-9008

もう太宰府は存分に楽しんだので、博多駅に戻ります。そして、旅の〆として博多とんこつラーメンを堪能しましょう!

博多ラーメン膳

というわけで、早速福岡の天神にある「博多ラーメン膳」にお邪魔します。ここはワンコインで食べられるリーズナブルなとんこつラーメンが人気なんだとか。

豚骨ラーメンと豚おかか丼

キタキタキタ〜〜〜!! 今回は人気のおいしいラーメンを豚おかか丼とのセットに。そこに、きくらげと辛子高菜をトッピングして、替え玉も用意しました(合計740円)。

豚骨ラーメン

ううううううままああああああ!!!!

ラーメンは変に癖などはなく、味はまろやかでスルスルと口に入っていく美味しさ。そして、トッピングとも上手く調和してくれるので、高菜を絡めたり、卓上の紅生姜やにんにくを加えて、自分好みの味を探せるのが楽しかったです。

豚おかか丼

豚おかか丼は、細切れのチャーシューにおかかの風味がベストマッチ。ラーメンをすする合間に食べる丼ものには最高の一品です。

旅の〆として、大満足です。

博多ラーメン『膳』 天神メディアモール店
住所:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目10−13
電話番号:092-714-1565

博多駅

福岡も最高でした。太宰府天満宮を見たり、食べ歩いたり、ラーメンで〆たり。もう大満足です。

ただ、帰るまでが日本一周サイコロの旅。最後はキングオブ夜行バスと言われる「はかた号」に乗って、東京のバスタ新宿に向かいます。

 

最後まで気を抜かず、3列シートに身を預けながら帰路を楽しみましょう。

 

がねりんが乗った「はかた号」はこちら
がねりんが乗った東京行きのバスを見てみる!

【9日目】バスタ新宿到着!祝 日本一周サイコロの旅終了

バスタ新宿

合計9日、9都道府県を巡る日本一周サイコロの旅が今、終了しましたーーー!!!
サイコロの出目で、その日の観光プランがめちゃくちゃになるなど、いろいろと大変でした。それでも、思い返せばいい思い出ばかりです。

前半は移動続きで疲れ果てたり、サイコロの出目に恵まれなかったりなどなど・・・。

後半はグルメを中心に、温泉やパワースポットなど観光費の中でいろいろ楽しみ、最高の旅にできました。

 

さいごに

バスタ新宿

ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

あの場所行ってみたいな、あのグルメ美味しそうだな、と少しでも思ったのなら、ぜひ足を運んでみてください。そして、今回の旅で僕ができなかったことを代わりにやってくれると嬉しいです。お金に制限を設けず、思いっきり豪遊するのも良いですね。

 

この旅面白そう! と思ってくれたのなら、同じようにサイコロ片手に日本を周ってみるのもいかがでしょうか。

日本一周サイコロの旅 前編はこちら
日本一周サイコロの旅 中編はこちら

 

がねりんの移動マップ後編

お出かけ


PAGE TOP