夜行バス・高速バスに必要な持ち物はコレ!移動を快適にする必需品もご紹介

「夜行バスに乗車時に必要な持ち物って?」と疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。
はじめて乗る方もそうでない方も、快適な高速バス移動のために必要なものはチェックしたいもの。夜行バスや高速バスの必需品から、あると便利なグッズまで一気にご紹介します。

【重要度MAX】夜行バス・高速バスの必需品

高速バスに乗る際に絶対に欠かせない持ち物を集めました。乗車時には忘れずにチェックしてくださいね。

チケット・書類各種

高速バスや夜行バスの乗車の際、コンビニやバス会社で購入したチケットなどは印刷物で携帯することをおすすめします。ネットで予約や購入していても、印刷したものの提示を求められるケースもあります。領収書やチケット予約など乗車に必要な情報が掲載されている書面は、必ず持参するようにしましょう。

充電器

長距離移動が主な高速バスや夜行バスにおいて、携帯の充電機は必需品!乗車中に動画や音楽を楽しむ人は、途中で電源が切れてしまう可能性が高いです。車中でも充電できる環境を整えておきましょう。

また、目的地に着くまでに十分充電されていれば、地図や現地情報などの検索にも役立ちます。万が一バス内にコンセントが配置されていない場合は、モバイルバッテリーを持参すると安心です。

イヤホン

携帯しておきたいアイテムの一つにイヤホンがあります。移動中に音楽を聴いたり、動画を鑑賞したりするのは長旅の気分転換に◎

それだけでなく、睡眠中の周囲の騒音をカットしてリラックスできるほか、めざましのアラームなどもマナーを守って起動させることができます。持っておいて損のないアイテムでしょう。

耳栓

乗車中に良質な仮眠を取りたいという方は、耳栓を持ち込みましょう。周りの騒音を遮断してくれるため、他の乗車客のいびきや音楽の音漏れなど、雑音に干渉されず眠れます!コンパクトな耳栓は、バス移動に限らず家庭用、飛行機の移動など様々な用途にも活用できますので、利用価値は計り知れません。

アイマスク

夜行バスの移動では、車内の明かりが暗くなっても隣の乗車客の携帯の明かりが気になって眠れないということがあるかもしれません。アイマスクを着用すれば、周囲の明かりを気にせず熟睡することができます。耳栓と併用すればさらに効果的!夜行バスでも快眠を体験できるでしょう。

【フード・ドリンク系】夜行バス・高速バスのおすすめ持ち物

飲み物

バス車内は締め切った環境で空気が乾燥しがちです。喉の乾燥を防ぐために飲み物は事前に用意しておきましょう。車内の温度調節を自由にできない関係上、寒い時は温かい飲み物を、熱い時は冷たいものを飲むことで体温調整にも役立ちます。

車内でこぼさないよう、水筒やペットボトルなど蓋のついたものを用意しておくのがおすすめです。

チョコ

長時間のバスの車内で間食をするなら、チョコレートが便利。おせんべいや袋菓子は音が気になりますし、臭いが充満してしまう可能性もあります。小袋や小分けになっているチョコレートなら、食べやすく雑音を立てて周囲に迷惑になる心配もありません。

チョコレートと同様に持っておくと便利なのが飴類です。狭い車内で取り出すのも簡単で、臭いや音を気にする必要がありません。乾燥しやすい車内では、口の中やのどに潤いを与えることもできます。

スナックバー

夜行バスの車中では乗車では小腹が減ることもあるでしょう。時間がたっても安心して食べることができる、スナックバーを用意しておくと役立ちます。腹持ちが良いうえに、コンパクトに持ち歩け、賞味期限も心配しなくて済みます。片手で食べられる手軽さも、座席に座った体勢でのスナックには最適です。

【快適グッズ】あると便利な夜行バス・高速バスの持ち物

ネックピロー

ネックピローは、首に巻いて使える枕です。
持ち運びに便利な折りたたみ仕様が多く販売されています。座席によっては3列席の真ん中だったり、通路側だったり、リクライニングがしにくい可能性も。ネックピローを使用すれば、首や肩の負担を軽減することができ、疲労が和らぎます。

メガネ・コンタクトケース

普段コンタクトを着用する人は、乗車中に外せるよう、コンタクトケースやメガネを持っていきましょう。仮眠程度だからとコンタクトをしたまま寝ると、目が乾燥して充血の原因となります。リラックスして快適な乗車をするためにも、コンタクトを外す準備をしておくことが望ましいです。

S字フック

乗車中に使いたい小物など、携帯品をすぐに取り出すために、S字フックがあると役立ちます。前のシートの手すりに装着して、巾着や袋などをかけておけば、大きな荷物から必要なものを探す手間が省けます。コンビニの袋や靴入れ、またゴミ袋かけとしても使用でき、限られたペースの車内で大いに活躍します。

カラビナ

S字フックと同様に便利なグッズがカラビナです。
カラビナは登山などのクライミングの際に使用する金具ですが、耐久性と耐荷重に優れているため、荷物フックとしても優秀!ハンドバッグなどをそのままかけても問題なく、またすぐには外しづらいことから防犯対策としても◎

酔い止め

乗り物酔いの心配がある人は、酔い止め薬を携帯しておきましょう。
携帯しておけば、バスの乗車中に気分が悪くなってからでも飲むことができます。精神的な安心感のためにも持っておくことをおすすめします。

【女性向けの持ち物】夜行バス・高速バスに必要なもの


高速バスの必需品の中で、特に女性が持っておきたいアイテムをご紹介!乾燥や冷えから体を守れるグッズを集めました。

靴下

長距離になる高速バスや夜行バスの乗車では、足の冷えやむくみを抑えるため、ソックスを履きましょう。
季節に関係なく、足元は非常に冷えやすい部位ですので、必要であればレッグウォーマーや厚手のロングソックスなどがおすすめ。
車内で靴を脱ぐときは特に、足元を冷やさないように靴下とルームスリッパなどを併用しても効果的です。

リップクリーム

バスの車内は乾燥することが予想されます。ドリンクなどの飲料と共に、リップクリームで唇の乾燥も防いでください。
長い時間乾燥した車内では、皮膚の薄い唇はダメージを受けやすくなります。リップクリームで潤いを補充して、お化粧崩れの予防にも役立てましょう。

ハンドクリーム

乾燥する場所は唇だけではありません。乾燥から肌荒れを起こすケースも少なくありません。
ハンドクリームを携帯して、肌を保湿しましょう。チューブ式のハンドクリームなら、適量を手や足など乾燥しそうな場所に使え、非常に便利です。

保湿パック

夜間のお肌のお手入れは、移動中の保湿パックで解決しましょう。乗車中はお化粧をおとし、保湿パックをするとお肌を感想から守ることができます。翌朝、到着後にすぐに化粧ができますし、乗車中ノーメイクを気にする必要がありません。寝ている間に肌の保湿ケアを効果的に行えますよ。

マスク

乾燥する車内ではマスクは必需品です。喉の乾燥を防ぐだけでなく、ほこりや風邪の菌の対策にもなります。最近では、保湿パッドなどを装着する便利なタイプも登場しています。また、マスクをしていれば、ノーメイクでも顔を覆うことができ、人目が気にならないのも嬉しいポイント。

備えあれば憂いなし!夜行バスに乗る前には持ち物チェックが大切

夜行バスの持ち物をご紹介しました。乗車する前には、快適な移動のため必要アイテムを揃えておきましょう。
普段高速バスや夜行バスを利用しない人は、乗ってから必要なアイテムに気が付くこともあります。長い乗車時間をストレスフリーで過ごすために、今回の記事を参考に、乗車中の車内環境を整えてみてください。

※本記事に掲載している商品は2018年3月8日時点の在庫状況、商品情報です

※本記事は、2018年03月08日に公開しました。最新の情報と異なる場合があります。ご了承ください。

感想を聞かせてください!

  • おもしろかった!
  • そこそこ
  • あんまり...


PAGE TOP