【体験記】美しい景色の中を走る、「癒しの観光列車」はいかが?

毎日通勤で利用している方も多いであろう、鉄道。移動手段としてのイメージが強い鉄道ですが、実はそんなイメージをひっくり返しちゃう、“癒しのダイニング列車 丹後くろまつ号”があるんです!

 

美しい景色の中を走りながら、美味しいごはんやスイーツ、お酒をお楽しみいただける「丹後くろまつ号」。

紅葉が美しいこれからの季節に向け、コースメニューをリニューアルしたその様子を、私、かずさんがリポートします!

 

京都丹後鉄道が誇る観光列車、くろまつ号

 

 

京都丹後鉄道は日本三景「天橋立」がある京都府北部の宮津市を中心に、豊岡、舞鶴、福知山へ伸びています。

「天橋立」は大阪・京都から特急で約2時間と日帰りもできる立地です。東京からはWILLER EXPRESSのバス一本で天橋立まで来ることができます。また、関西では有名な観光地である城崎温泉から1時間半ほどに位置しています。

 

「くろまつ」ってなに?

 

「丹後くろまつ号」は京都丹後鉄道が誇る観光列車です。

その車窓から見える丹後周辺の自然の豊かさをを感じながら、地元食材をふんだんに使用したお食事を楽しむことができ、「走るダイニングルーム」として沿線住民の間で親しまれています。

 

 

 

「くろまつ」の魅力

 

何と言っても、車窓から見える自然豊かな景色は癒しそのもの!

日本三景の「天橋立」や、白い岩肌と青い松が織り成す絶景スポット「奈具海岸」、海の上をゆっくりと徐行し走行する「由良川橋梁」からの景色を眺めながらのお食事は、とっても贅沢な気分になります!

 

また、丹後くろまつ号にはアテンダントの方が乗務しています。

観光案内はもちろん、気さくに話しかけてくれます。丹後のおすすめスポットを尋ねてみてもいいかもしれませんね!

 

詳しくは前回こんちゃんがリポートしました、こちらの記事をご覧ください。

 

 

 

選べる3種類のコース

 

コース概要

 

  • スイーツコース 5,200円(税込み)

   福知山駅(10:03発)→ 天橋立(11:53着)

  • ランチコース 10,800円(税込み)

   天橋立(12:48発) → 西舞鶴(14:50着)

  • ほろ酔いコース 4,200円(税込み)

   西舞鶴(15:30発) → 天橋立(17:40着)

   ★すべてのコースに車外イベントとお土産つき!

 

 

 

 

 

「くろまつ」でしか味わえないスイーツ、食べてみた!

 

今回は、私が乗車しました、「スイーツコース」についてご紹介します。

 

 

スイーツコースは、大阪・京都から電車で一本で行ける好アクセスの「福知山」から出発し、日本三景「天橋立」に到着します。

ここでは地元のスイーツ人気店の「パティスリー カタシマ」さん手がける丹後くろまつ号限定メニューを味わうことができます。

 

 

10月から始まった秋冬メニューでは、見た目もきれいでとっても繊細なスイーツが楽しめます!季節に合わせて厳選された、地元の素材を使用する品々にうっとり・・・!

 

この日のスイーツコースは

  • 久美浜産ピオーネのコンポートジュレ金木犀の香りを添えて
  • テリーヌフロマージュのサブレサンド 養父市産柚マーマレードと共に
  • 京丹後産紅はるかのなめらかミルクプリン
  • 秋限定!グラスの中で再構築した丹波栗のモンブラン
  • 丹鉄珈琲 福知山ブレンド(日によってブレンドが替わります)

+ お土産

 

5種類ものスイーツ、果たして食べきれるのか…?と少し心配でしたが、ペロッと食べられちゃいました!

それぞれ美味しいのはもちろんのこと、目でも楽しめ、触感にも変化があるので”飽き”がこないのが嬉しいです。

 

・・・飽き?・・・秋? 

秋のスイーツといえば・・・

 

そう、モンブラン!!!

 

 

丹波栗のほくほく感とムースのくちどけが絶妙!カシスソースの酸味がチョコの甘みを引き立ててくれていました!

※お料理は季節によって変更される可能性がございます。

 

「くろまつ」、お食事だけではないんです!

 

丹後くろまつ号のコースは、車内でお料理が楽しめるだけではありません。

スイーツコースでは大江駅にて下車し、周辺を散策できます。

 

 

 

大江駅は鬼の街としても有名で、駅を降りると鬼瓦や鬼のオブジェなどたくさんの鬼が!

 

 

散策中立ち寄ったのは、町内の特産品や農産物がすべてそろう「鬼和味(きわみ)」さん。古民家風の建物で中には手作りの小物が並んでいます。ここで発見したかわいい鬼さんたちにも癒されます!

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?丹後くろまつ号、並びに丹後の魅力をお伝えいたしました。

「スイーツコース」ならちょっと贅沢なモーニングとしてもおすすめ!お昼前には天橋立に到着するため、その後に観光も楽しめます。

 

今回紹介した「スイーツコース」の他、

地元食材を使用したイタリアンのフルコースとおかわり自由のワインが楽しめる「ランチコース」や、

丹後の地酒飲み放題と酒造見学付きで驚きのプチプライス!な「ほろよいコース」も、魅力がいっぱい!

 

いつもがんばってる自分へのご褒美に、都会の雑踏に疲れた体と心リフレッシュに、観光列車“丹後くろまつ号”はいかがでしょうか。日本海の絶景と地元の美味しい料理が、最高のひとときを提供してくれます。

 

 

  • スイーツコース 5,200円(税込み)

   福知山駅(10:03発)→ 天橋立(11:53着)

  • ランチコース 10,800円(税込み)

   天橋立(12:48発) → 西舞鶴(14:50着)

  • ほろ酔いコース 4,200円(税込み)

   西舞鶴(15:30発) → 天橋立(17:40着)

   ★すべてのコースに車外イベントとお土産つき!

 

ご予約・詳細はこちらからどうぞ。丹後でお待ちしております!

 

 

 

 

お出かけ

※本記事は、2018年11月07日に公開しました。
最新の情報と異なる場合があります。ご了承ください。

感想を聞かせてください!

  • おもしろかった!
  • そこそこ
  • あんまり...