城崎温泉・香住の周辺観光情報!カニと自然を楽しむ日帰り旅

北近畿エリアにある有名な温泉地と言えば“城崎温泉“。そんな城崎温泉は2020年で開湯1300年を迎え、ますます注目を浴びています。外湯めぐりが人気な城崎温泉ですが、周辺では知られざる絶景やカニをはじめとしたグルメを楽しむことができます。今回は温泉シーズン外でも楽しめること間違いないスポットを紹介します。

 

城崎温泉

城崎温泉は兵庫県の北部・豊岡市に位置します。大阪駅から特急こうのとり、京都駅からは特急きのさきでそれぞれ2時間40分ほどで行くことができます。

城崎温泉は昔から街並みは変わっておらず、とても風情のある温泉街でした。昔ながらの施設の中にも、新しいおしゃれなお店がいくつもあってワクワクしました。お土産品はもちろん、食べ歩きにぴったりのグルメやカフェ、雑貨屋などがたくさんあって、ついつい入りたくなるお店ばかりでした。浴衣で温泉街を歩くだけでも十分楽しむことができると思います。

城崎温泉へのアクセス

交通手段 方面
お車をご利用の場合 ■大阪方面
中国自動車道 吉川JCT
舞鶴若狭自動車道 春日JCT
北近畿豊岡自動車道を経由し日高神鍋高原ICで下車。■京都方面から
京都縦貫道 与謝天橋立ICで下車。
高速バスをご利用の場合 ■大阪方面から
直通バス
■京都方面から
直通バス
■関東方面から
WILLER EXPRESS 夜行便 関東⇔城崎線
電車をご利用の場合 ■大阪駅から
JR大阪駅から特急こうのとりで2時間40分
■京都駅から
JR京都駅から特急きのさきで2時間40分
■関東方面から
東京駅から東海道新幹線(下り)で京都駅まで2時間15分
JR京都駅から特急きのさきで2時間40分

 

香住

城崎温泉駅から鳥取方面・JR山陰線に乗り、4つ目の駅。カニで有名な香住(かすみ)に到着!


香住と言えばカニ!
香住漁港でとれるカニは「香住カニ」と呼ばれています。関西では香住漁港のみ、紅ズワイガニが水揚げされます。9月から翌5月と比較的漁期が長いので、冬だけでなく他の季節も楽しむことができます。香住カニはおいしくて安いと非常に有名なので、一度は食べてみたいですね!
香住駅に到着すると、早速カニのハサミのオブジェがお出迎え‥!

ランチはもちろんカニ丼をいただきました。香住のカニは身が大きく新鮮!カニみそもたっぷりで食べ応え抜群でした。前述の通り、リーズナブルな価格で楽しむことができます。

 

大乗寺

香住駅よりバスで5分。大乗寺に到着です。

大乗寺は障壁画が165面あり、そのすべてが国の重要文化財に指定されています。今回はガイドさんにお願いし、襖絵について説明をしていただきました。襖絵は立って見るのと座って見るのとでは絵の見え方が異なる印象になるらしく、これは、畳に座るという文化によるものだそうです。襖の絵は下の方に描かれていることが多く、座って見たときに絵が大きくダイナミックに見えるように工夫されているそうです。また、可愛い子犬の絵はこちらが移動しても目が合ったままのように見える描き方がされており、愛らしさが増しました。

【高野山真言宗 亀居山 大乗寺】
■住所:兵庫県美方郡香美町香住区森 860
■開館時間:午前9:00から午後4:00(受付午後3:40迄)
■内拝料:大人/800円 子供/500円(小学生)
■駐車場:有り
http://www.daijyoji.or.jp/main/index.html
※ライブストリームでも見ることができます。

鎧駅

香住駅より鳥取方面に1駅、JR山陰本線 鎧駅に到着しました!
鎧駅は無人駅で、とても静かな時の流れを感じます。山側のホームからトンネルを潜り、今は使われていない海側のホームへ抜けると、眼下には漁港の風景が広がります。眺めがいいので、しばらくそのままゆったりとした時を過ごしたくなるような雰囲気でした。

餘部橋梁

鎧駅から鳥取方面へ1駅、JR山陰本線余部(あまるべ)駅に到着!

山陰本線でも有数の絶景ポイントである、高さ41.5mの余部橋梁。そこに位置するのが、余部駅です。「空の駅」と名付けられた展望台からは、美しい日本海を臨むことができます。また、今は使われていないレールの上を歩くこともできるので、普段は撮れないような写真を撮ることも可能です。
さらに2017年にはガラス張りのエレベーターも完成しました。そこからも、素晴らしい景観を楽しむことができました。また、少々急な坂道ではありますが、エレベーターを使わずに徒歩で駅へと向かう道もあります。とっておきの写真撮影スポットに行くには、この道を通るしかありません。この撮影スポットは展望台よりもさらに高い位置にあり、橋・山・海・列車を見下ろすことができ、まさに絶景です。

さいごに

いかがでしたか。城崎温泉やカニと言えば冬のイメージが強いと思いますが、夏や他のシーズンでも十分に楽しむことができます!また城崎温泉から少し足をのばすと、都会の喧騒を忘れるほどの自然を感じられます。自然や食、両方を楽しむことのできる北近畿・城崎温泉周辺に旅行してみてはいかがでしょうか。

今ならお得なきっぷも販売中!※2020年10月31日(土)まで
http://trains.willer.co.jp/jr-tantetsu/

お出かけ


PAGE TOP