外湯巡りにグルメも堪能!高速バスで行く兵庫県・城崎温泉レトロ女子旅

日本海に面する兵庫県豊岡市にある城崎温泉。コウノトリが傷を癒していたことにより発見されたと伝えられる、開湯1300年以上の歴史を誇る温泉です。

城崎温泉と言えば七つの外湯めぐりが人気。浴衣に着替えて風情のある温泉街を歩けば、昔にタイムスリップしたかのような気分を味わうことができます。今回は大阪梅田発、城崎温泉への「往復高速バス+1泊2食付き」のツアーを体験してきたので、その様子をご紹介します!

高速バスで行く 城崎温泉への旅

城崎温泉 旅行1日目

大阪梅田から高速バスで城崎温泉へ。

城崎温泉行のバス

今回の出発地は阪急高速バス大阪梅田バスターミナル(阪急三番街)。朝の9:20に出発し新大阪と千里ニュータウンのバス乗り場を経由し、城崎温泉へ向かいます。途中トイレ休憩を1回挟んでバスに揺られること約3時間半、城崎温泉駅に到着しました。

城崎温泉駅

高速バスは移動が他の交通手段に比べて楽チン。電車と違って乗り換えもなく確実に座れる上、荷物が多くてもバスのトランクに預けられるので悠々自適に目的地まで到着できます。

 

城崎ご当地グルメのランチを堪能

CREEZAN

城崎温泉駅に到着したのは13時頃。お腹もすいてきたので早速ランチに向かいます。訪れたのは鞄のあるカフェ「CREEZAN」。「なぜカバン?」と疑問に思った人も多いと思いますが、城崎温泉のある豊岡市は日本有数の鞄の産地。地域ブランド「豊岡鞄」として認定された高品質な鞄が並んでいます。

但馬牛バーガー

お店で一番人気は「但馬牛ハンバーガー」。但馬牛は兵庫県北部では有名な高級和牛です。そんな高級和牛を使用したパティはとってもジューシーで、肉汁がジュワッと溢れ出てきます。2階の窓際席に座って街並みを眺めながら食べるのがおすすめです。

CREEZAN城崎温泉本店
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島675-1
電話:0796-32-0345
営業時間:10:00~23:00
定休日:不定休

浴衣で城崎温泉の外湯巡り

温泉街

ランチの後は旅館にチェックイン。荷物を置いたら浴衣に着替えて温泉街に繰り出しましょう。今回宿泊した「心温まる宿 ひだまり」のように、旅館によっては女性用の色浴衣を無料で貸し出してくれます。部屋に備え付けられたシンプルな浴衣もいいですが、かわいい浴衣を着ると心なしか気分も上がるというもの。「ゆかたの似合うまち」城崎では、浴衣に下駄が正装なのだとか。

城崎温泉にはそれぞれ特徴的な七つの外湯があります。その一つの「柳湯」は中国から移植した柳の木の下から湧き出たことからこの名がついたそう。他の温泉と比べて小規模ですが、檜でつくられたお風呂は日頃の疲れを癒すのにぴったりです。

一番札

外湯めぐりをするならゲットしたいのが、男女それぞれその日の最初の入浴客にだけ配られる一番札。七湯すべての一番札を集めるために、何度も城崎温泉を訪れる人も多いのだとか。ぜひオープン前から並んで手に入れてみてください。

七つの外湯はそれぞれ定休日や営業時間が違うので注意が必要。複数の外湯を楽しむなら、「1日ぐるっと入り放題 外湯めぐり券」(大人1,300円、小人650円)がお得です。

柳湯
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島647
電話:0796-32-2097
営業時間:15:00~23:00
定休日:木曜日

ソフトクリーム

湯上りに食べたくなるのが冷たいスイーツ。ソフトクリームやプリンなど、食べ歩きできるスイーツがたくさんあるのも城崎温泉の魅力です。

「心温まる宿 ひだまり」で蟹三昧

温泉街の夜

外湯めぐりを楽しんでいるうちにいつしか陽も沈む時間に。ライトアップされた夜の温泉街も昼間とは違う趣があっていいものです。夕食の時間も近づいてきたので旅館に戻ります。

今回宿泊したのは「心温まる宿 ひだまり」。料理自慢の旅館ということで、否が応でも夕食への期待が高まります。

船盛

用意されていたのは1人につき蟹約2杯を使用した豪華な会席料理。茹で蟹、蟹刺し、天ぷらと進み、メインはこの宿名物の蟹淡雪蟹味噌鍋。

カニ鍋

濃厚な味噌味のスープが食欲をそそり、蟹の旨味が口いっぱいに広がります。蟹三昧の贅沢な夕食に心もお腹も大満足。

城崎温泉 旅行2日目

翌朝窓から差し込む朝日で目が覚めると、夜には気づかなかった外の景色に目を奪われます。但馬の山々と日本海に流れる雄大な円山川。素敵な目覚めを堪能した後は朝風呂へ。大浴場と露天風呂があり、ここでも大自然を目の前にゆったり寛ぐことができます。

朝風呂でさっぱりしたら、お待ちかねの朝ごはん。地元の食材を使った和定食は、起き抜けの身体にも優しいのが嬉しかったです。

ひだまり

心温まる宿 ひだまり
住所:兵庫県豊岡市小島1188-8
電話:0796-29-6009

「心温まる宿 ひだまり」の宿泊プランはこちら

ロープウェイで城崎温泉を一望

ロープウェイ

旅館をチェックアウトして向かうのは「城崎温泉ロープウェイ」。温泉街と標高231mの大師山山頂を結ぶロープウェイです。7分間の空中散歩では、眼下に豊かな自然に囲まれた城崎の街並みが広がり、遠く日本海まで見渡すことができます。

城崎珈琲

山頂に着いたらぜひ訪れたいのが「城崎珈琲 みはらしテラスカフェ」。自家焙煎のスペシャルティコーヒーと和スイーツを味わうことができます。絶景を眺めながらのおいしいコーヒーは格別。時間が経つのも忘れてのんびり過ごすことができます。

城崎珈琲 みはらしテラスカフェ
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島806-1
電話:0796-32-3365
営業時間:10:00~16:00
定休日:第2・第4木曜日

城崎温泉の源泉で温泉卵づくり

温泉卵

ロープウェイで降りてきた麓にあるのが、城崎温泉の源泉である元湯です。ここでは温泉卵を自分でつくることができます。隣の「城崎ジェラートカフェChaya」で卵を購入し、お湯の中へ投入。あとはワクワクしながら待つだけです。自分好みの固さにできたら大成功!

城崎ジェラートカフェChaya
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島857
電話:0796-29-4858
営業時間:09:30~17:30
定休日:木曜日

足湯

温泉卵場の向かいには足湯があり、靴を脱いで浸かるととてもリラックスできます。温泉街には他にも足湯が4カ所あり、街歩きで疲れた足を休ませるのに最適です。

帰りのバスまで駅前を散策

飲泉場

この旅もいよいよ終盤。帰りのバスは城崎温泉駅15:40発なので、それまでの時間は駅前を散策してみましょう。駅のすぐ目の前には飲泉場があり、温泉のお湯を飲むことができます。これで身体の中からも健康になれそう。お土産を買うのもこの時間にお忘れなく!

さいごに

これからさらに寒くなり、ますます温泉が恋しくなる季節。城崎温泉は週末の女子旅にもおすすめです。WILLERのツアーなら移動と宿泊がセットでらくらくリーズナブル。温かい温泉とおいしい食事で、日頃の疲れを癒してみては?

高速バスで行く城崎温泉の詳細はこちら

 

お出かけ

※本記事は、2019年11月19日に公開しました。
最新の情報と異なる場合があります。ご了承ください。

感想を聞かせてください!

  • おもしろかった!
  • そこそこ
  • あんまり...