【北海道・釧網本線の旅】見所満載!グルメやショッピング、絶景も楽しめる「道の駅はなやか小清水」

【北海道・釧網本線の旅】見所満載!グルメやショッピング、絶景も楽しめる「道の駅はなやか小清水」

寒い季節だけど、やってきました北海道! 夏の北海道に訪れたことはあったのですが、 冬場も北海道ならではの楽しみ方をどんどん見つけていきたいと思います!

今回は東北海道に位置する網走を拠点にして、オホーツク海沿岸のエリアを旅してみます。交通手段はJR網走駅からJR東釧路駅を結ぶ釧網本線(せんもうほんせん)。 今日は網走駅から約25分のJR浜小清水駅を目指します。途中にはオホーツク海と知床連山を一望できるJR北浜駅の展望台やラムサール条約登録湿地となっている渡り鳥の中継地・濤沸湖などもあり、こちらも見どころですよ。

JR浜小清水駅に到着!早速「道の駅はなやか小清水」へ!

浜小清水駅に到着。駅にはこの「道の駅はなやか小清水」が併設されていて、釧網本線に沿って走る国道からもたくさんの観光客が来ています。 北海道名物(特に海産物!)に目がないこの私、もうすでにワクワク! 早速、施設内に向かってみましょう。

道の駅はなやか小清水の人気グルメを満喫!

ん?なんだこりゃ? まずは入り口のノボリに目が止まりました。「小清水の新名物誕生」…? なんだこりゃ!?気になる…!

施設内に入ると、おみやげがいっぱい!どこから見てみようかな…と思ったその瞬間!

入り口左手の軽食喫茶コーナー「レストランはまなす」にさっきのノボリが! 文字通り「なんだこりゃ?」と思わせる、その名も「なんだこりゃスティック(500円・ 税込)」がここで食べられるようです。ちょうどお腹も空いてきたし、こんな面白そうなのは食べてみるしかない!

できあがりを待つひととき。こんな旅のノートが置いてあるのもまた旅情があっていいですね。

じゃーーーん!来ました来ました!

「なんだこりゃスティック」、その正体は、国道244号沿に位置する知床、網走、小清水の特産品が一度に食べられるというメニュー。上から知床(斜里町)の「たこ柔らか煮」、網走市の「揚げかまぼこエビ」、そして小清水町の「揚げいも」が一本の串に豪快に刺さっています。現物もやっぱりすごいインパクト。実はこうやって持つのもちょっと大変なくらいの重さです。お味のほうはどれも絶品!ボリュームもたっぷりで、存分に味わわせていただきました。 この道の駅限定での販売で、テイクアウト人気ナンバーワンだそうです。納得!

これ一本でお腹がほぼ満たされてしまった私ですが、他のメニューもやっぱり気になる… せっかく来たんだからいいよね!と自分に言い聞かせ、このコーナーにあるいくつかの名物メニューの中から…

この「網走湖産しらうお丼(800円・税込)」をチョイス!
またしてもガツンといってしまいましたが、これがまた美味しい!「え、しらうおってこんなに美味しかった…?」と思っちゃうくらいの美味しさ、さすが 北海道です。

売店に立ち寄って、ご当地商品・お土産をゲット!

さて、お腹もいっぱいになったので、売店のほうを見に行ってみます。

まずはここ小清水町で採れた野菜のコーナー。地元の新鮮な野菜が手に入ります。

入り口付近の特設コーナーにはもち麦や塩サイダー、山わさびのり、エミューカレーなど ご当地ならではの商品がズラッと並んでいます。

つららのラーメン。これ、すごく有名みたいなんです。中でも塩ラーメンが人気らしいですよ。

最近よく耳にする「ジビエ」。こうやって缶詰になっていると手軽にいろいろ試せていいですよね。

北海道だけに暮らす真っ白でふわふわの鳥、シマエナガ。「雪の妖精」とも言われるそう です。 そんなシマエナガのかわいいグッズたち。

こちらは小清水町の特産、濤沸湖畔にある「北路窯」で作られた陶芸作品。どれも味があって欲しくなっちゃいます。

そのほかにも、ここでは紹介しきれないくらいバラエティ豊かなおみやげがたっぷり。 たくさんありすぎて迷ってしまうこと間違いなしです。

北海道ならではの絶景も堪能!オホーツク海や知床連山を一望できるフレトイ展望台

ここ、道の駅はなやか小清水には展望台まであるんです。 もちろん登ってみます!

なんという絶景!眼下に広がるオホーツク海はもちろん、迫力ある知床連山までしっかりと眺めることができました。

施設名 道の駅 はなやか(葉菜野花)小清水
住所 北海道斜里郡小清水町浜小清水474-7
電話番号 0152-67-7752
営業時間 夏期(4月~10月)9時00分~19時00分

冬期(11月~3月)9時00分~17時 30分

最後に

美味しい食事にショッピング、そして風景まで一度に楽しめる道の駅。 近くに来た時はぜひまた寄ってみたいおすすめスポットです。

お出かけ
  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Line


PAGE TOP