ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアルコール事情!お酒を販売するおすすめスポット9選もご紹介

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでお酒が飲めるのか気になりませんか? アルコール類を持ち込めるのか、持ち歩きできるのか、ワゴン販売やレストランなどがあるのかについてまとめました。大人のデートを予定している方や友人たちと訪れたい方は、アトラクションだけでなくお酒スポットもぜひチェックしておきましょう。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでお酒は飲める?

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンはお酒も楽しめるテーマパークです。ワゴンやスナックスタンドでアルコール類を販売しているだけでなく、パーク内のほとんどのレストランでもお酒のメニューを用意しています。ランチやディナーに合わせてお酒を楽しんだり、屋外でビールを飲んだりできます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでアルコールを販売しているワゴン&スナックスタンド

アルコール類を販売しているワゴンとスナックスタンドをまとめました。いずれもお席の用意がないので、近くのベンチや持ち歩きでお酒を楽しみましょう。

フォッシル・フュエルズ

フォッシル・フュエルズは、ジュラシックワールド内の常設スナックスタンド。サンデーやソフトクリームなどのスイーツも充実していますが、缶ビールなどのアルコール類もあり、小腹が空いたときにもおすすめのスポットです。

スプラッシュダウンスナック

ジュラシックワールド内にあるスナックスタンド。ビールによく合うターキーレッグを販売しています。ターキーレッグはボリューミーではあるものの低脂肪であっさりしているので、つい2本、3本と進んでしまいます。

ラグーン沿いのワゴン

ミニゲームコーナーの横のラグーン沿いに並んでいるワゴンでも、ビールなどのアルコール類を買えます。モルツの看板が出ているので、遠くからでも分かりやすいです。なお、ほぼ常設ですが、イベント時などには移動していることもあるため注意してください。

ちなみに、ラグーン沿いのワゴン以外でも、肉系のスナックを販売しているワゴンならアルコールも販売していることが多いので飲みたいときは探してみてください。

エリア別!ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでお酒を飲めるレストラン

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、ほとんどのレストランでアルコールを飲めます。その中でも特におすすめのレストランをエリア別に紹介するので、お酒を楽しみたい方は要チェックです。

アミティビレッジ「アミティ・ランディング・レストラン」

ジョーズのアトラクションのそばにある造船所がモチーフのアミティ・ランディング・レストラン。場所柄、シーフードメニューが充実しているのもポイント。中でもシュリンプがたっぷり入ったクラブサンドとビールの組み合わせがおすすめです。

ジュラシックワールド「ロストワールド・レストラン」

ジュラシックワールド内のレストラン。ローストポークやビーフステーキなどの肉料理が充実しています。生ビールも扱っており、ホップの香りにこだわる方にもおすすめです。なお、イベント時などには名前が変わることもあるので、かならずマップで位置を確認しておきましょう。

サンフランシスコエリア「ハピネス・カフェ」

ハンバーガーやフライドチキンなどのアメリカンフードや、ドリンクバー付きのデザートセットメニューなど、幅広いメニューを楽しめるお店です。生ビールもあり、アルコールと一緒に食事をしたいときにもおすすめ。

ニューヨークエリア「フィネガンズ・バー&グリル」

ビーフシチューやポットパイなどのメニューがそろうグリル。カウンターがあるので、食事なしにちょい飲みしたい方にもおすすめです。もちろんソーセージの盛り合わせなどのお酒によく合うメニューもあるので、しっかりと食べておいしく飲みたい方はぜひお試しください。

ハリウッドエリア「ピンクカフェ」

ピンクカフェには、ピンク色のかわいいスイーツメニューやアイスクリームがたくさん。お酒なんて置いていなさそうな雰囲気ですが、ピンク色のラズベリービールやノンアルコールビールなども楽しめます!

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッターエリア「ホッグズ・ヘッド・パブ」

「パブ」の名前の通り、豊富な種類のアルコールを楽しめるお店です。オリジナルマグカップ付きのビールもあり、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのグッズコレクターにもおすすめ。ノンアルコールの「バタービール」もあるので、お酒が飲めない方もぜひ。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでお酒を楽しむ上での注意点

レストラン内だけでなく、パークのさまざまな場所でお酒を楽しめるユニバーサル・スタジオ・ジャパン。アルコールに関するルールをまとめたので、しっかりとマスターしてから出かけましょう。

持参のアルコール類は持ち込み禁止

水筒や500ml程度のペットボトルをパーク内に持ち込むのは可能ですが、アルコール類やビン、缶の持ち込みは禁止されています。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでお酒を楽しみたい方は、かならずパークで買って飲むようにしましょう。

間違ってアルコール類を持ってきたときや、行き帰りに飲もうと思ってカバンに入れたときは、パーク外にあるコインロッカーに預けておきましょう。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内外のコインロッカーの位置は下記の記事でご確認いただけます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのコインロッカー事情はこちら

レストランやワゴンで年齢確認されることもある

未成年の飲酒は禁止なので、アルコール類をレストランやワゴンで注文すると身分証明書の提示を求められることがあります。スムーズに年齢を証明できるように、お酒を飲む可能性がある方は運転免許証などの生年月日が分かるものを持っていきましょう。

とりわけワゴンなどでアルコールを購入するときは、他のお客さまも並んでいるため、すぐに身分証明書を出せるようにしておきたいもの。並んでいる間に、取り出しやすい場所に運転免許証などを移動させておきましょう。

迷惑行為は厳禁!

お酒を飲んで大声を出すなど、他のお客さまに迷惑が及ぶ行為は固く禁止されています。飲み過ぎないことも大切ですが、すぐ酔ってしまう方や酒癖を注意されたことがある方はパーク内で飲まないほうがよいでしょう。

飲み過ぎて気分が悪くなったときは、アトラクションに乗らないほうが良いかもしれません。エントランスを入ってすぐ右側に救護室(ファーストエイド)があるので、もしものときは相談してみましょう。

アトラクション内には持ち込み禁止

パーク内で購入したアルコール類であっても、アトラクション内への持ち込みは禁止。また、待ち列でも、他のお客さまに迷惑が及ぶときはアルコール類の持ち込みを禁じられます。できるだけ、レストランかパーク内のベンチなどでお酒を飲むようにしましょう。

量が多すぎて飲めないときは、洗面所などで流してからパーク内のごみ箱に捨ててください。みんなが楽しく過ごすためにも、ちょっとした心遣いが大切です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを楽しむため、節度を守ってお酒を楽しもう

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは夜景もきれいなので、アルコールを楽しむにもおすすめの場所です。楽しい一日を過ごすためにも、飲み過ぎないように注意してください。

お酒を飲む予定の方は車での来園はNGなので、公共交通機関を利用しましょう。たとえば高速バスなら、乗り換えがなくダイレクトに目的地に行けるので、お酒を飲んだ後も快適に移動できます。また、夜行バスなら閉園後に出発するパターンが多いので、ゆっくりとお酒を楽しめるのもポイントです。

高速バスで行くユニバーサル・スタジオ・ジャパンの旅はこちら

WILLERのGo To トラベルキャンペーンで旅に出よう

WILLERなら、移動+チケット(+宿泊)をご予約で最大35%オフ!

移動手段(高速バス・夜行バス、フェリー、飛行機など)単体は割引対象外のため、チケットや宿泊(ホテル)を一緒に予約するのがおトクです。
WILLERのGo To トラベルキャンペーンを見る

お出かけ


PAGE TOP