高速バスの3列シートとは?メリット・デメリットや料金を大解剖

高速バスの「3列シート」という言葉を聞いたことはありませんか?夜行バスなどの予約でよく目にする3列シートとは一体どんな座席なのかを解説します。また、メリットやデメリット、気になる料金帯についても詳しくご紹介します。

高速バスの3列シートとは?

高速バスの予約や下調べの際によく見かける「3列シート」という座席。これは、3つの席が平行に並べられたバスシートのことです。旅客用のシートは2名座席が通路を挟んで左右に設置されている、4列シートが一般的。

通常よりも1席少ない、3列シートには大きく分類して2つのタイプがあります。ここでは2種類の3列シートについて解説します。

3列シート (2+1)


3列シートのうち、隣り合わせの2席と通路を挟んで1人掛けの席、計3席が横並びになったシートを指します。

カップルや友人2人組に人気が高い座席。1人であっても、4列シートに比べ座席スペースが広いため、快適に過ごせるでしょう。通路にカーテンがありプライバシーが確保できる設計の車両もあります。

3列独立シート


3つの独立シートが通路を挟んで並んでいるタイプです。隣に人が座らないため、プライバシーを確保しやすい座席です。パーテーションやカーテンが設置されているケースが多く、個室感覚で利用することができます。

車内で周囲を気にせずゆっくりと過ごしたい方におすすめです。

高速バスで3列シートを選ぶメリット

高速バスの乗車は長時間になることも。座席タイプを選択するときに3列シートをチョイスすると、感じることのできるメリットがいくつかあります。利用価値のある3列シートの特徴に迫ります。

座席が広い

3列シートは4列と比較して座席が広めに設計されているのが大きな特徴です。足元や隣席とのスペースが十分確保されており、身動きが取りやすく、足のむくみや血行不良の防止にも役立ちます。

周囲の目が気にならない

隣の席との間隔があり、パーソナルスペースを確保することが可能です。限られたバス車内でも周囲の目線を気にせず乗車できます。カーテンやパーテーションなどで区切られたタイプなら、さらに個人空間を楽しめるでしょう。

夜行便なら眠りやすい

プライバシーを確保しやすい3列シートは、安眠しやすい環境といえるでしょう。足元のスペースだけでなく、座席もゆったりと設計されているため、寝返りをうつのも苦になりません。4列シートでなかなか寝付けないという方は、一度3列シートに乗車してみてはいかがでしょうか。

体が痛くなりにくい

長時間の乗車になりがちな高速バスでは、同じ体制で座ることに苦痛を感じる方もいらっしゃいます。3列シートなら、体勢を変えて体の一部分にだけ比重がかかることを防ぎやすいメリットがあります。座りながらでも容易に姿勢を変えることができ、お尻や腰の痛みを和らげられるでしょう。

高速バスで3列シートを選ぶデメリット

前述でご紹介したように、3列シートにはバスライドが快適になる利点が満載。そんな3列シートにデメリットはあるのでしょうか?

4列シートよりも料金が高い

3列シートは、車内の快適度が上がる分、4列シートに比べると料金が高いというデメリットがあります。1台のバスに収容できる人数が減るため、どうしても1人当たりの料金が割高になります。

しかし、バス会社によって、様々な割引特典があることも考えられるため、場合によってはお得に乗車できる可能性も。予約の際には、割引について下調べしてみるのがおすすめです。

必ず独立シートを確保できるわけではない

3列シートのうち、2+1タイプでは、必ずしも独立席とは限りません。早期に予約すれば、座席を選べる可能性が高くなるため、お好きな席を選びたい場合はできるかぎり早めの予約を心がけましょう。

WILEERのおすすめ3列シートと利用料金をご紹介

バスの旅を快適に過ごせる、WILLERの3列シート車両をご紹介します。WILLERでは、数種類のシートをお好みに合わせてお選びいただけます。満足度の高いバス旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

リボーン(2+1タイプ)


リボーンは、高速バス=疲れるというイメージを一掃し、’’移動を休息の空間に変える’’がコンセプトになった車両です。

ゆりかご型のリクライニングシートは、足が延ばせるフラット設計で、コンセントや収納式テーブルなど座席のスペックも充実。騒音や光によるストレスにも考慮したシートデザインは、休息不足のビジネスマンやリラックスタイムを取り入れたい方にピッタリです。

リボーンの詳細と料金はコチラ

ニュープレミアム(2+1タイプ)


快適な座り心地を追求したニュープレミアムは、弾力性の異なるクッションを複数使用したシートで高い快適度を実現する魅力のシートです。

140度まで電動リクライニングするシートは、大柄の方でも安心の幅50㎝のゆったり設計。カーテンで仕切れば周囲の視線に干渉されずに個室空間を満喫できます。ドリンクホルダー、テーブル、コンセントやカバン掛けなど便利なデバイスも完備しています。

ニュープレミアムの詳細と料金はコチラ

ラクシア(独立タイプ)


上質なシートにこだわったラクシアは、落ち着きのあるリビングの様な、心地よい空間を演出する車両です。

幅が51㎝と余裕のある座席に、ほぼフラットにまで倒せる145度のリクライニングは、乗車中存分にリラックスすることを可能にしてくれます。カーテンを利用すれば、周りの視線をシャットアウトでき、長時間乗車も快適に過ごせること間違いなし。

ラクシアの詳細と料金はコチラ

ボーテ(独立タイプ)


フランス語で「美しい」を意味するボーテは、その名の通り、乗車しながら美しくなるための工夫が凝らされた車両です。

スタイリッシュで目にも美しいカラフルなシートは、おしゃれ心をくすぐるデザイン。シートに付帯するミラーは、身だしなみのチェックにお使いいただけます。また、高濃度イオンが噴射する美容器具で、お休みの間に美肌アップも期待!心地よい刺激で足をマッサージするCoroCoroが設置されており、乗車中の足のむくみ解消も叶います。

ボーテの詳細と料金はコチラ

コモド(独立タイプ)


55㎝の幅広シートが採用されたくつろぎ重視のコモドは、長身の男性でも快適に過ごせると評判の車両です。

バケット型のヘッドレストで乗車中の安定性を確保。140度まで傾斜するリクライニングシートや、ふくらはぎをサポートするレッグレストも装備されています。それだけでなく、仕切りのカーテンや読書灯など、快適空間を実現する機能が満載です。

コモドの詳細と料金はコチラ

高速バスの3列シートなら長時間乗車も快適に!座席はバス選びの重要要素

高速バスや夜行バスの3列シートについてご紹介しました。高速バスでは長距離移動や長時間になることが多いため、乗車中の快適性は重要なポイントといえます。

3列シートは、メリットがたくさん得られる人気の座席です。デメリットについてもあらかじめ把握して、より良いバス旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

WILLERでは、車内でもリラックスできる車両を多数ご用意しています。ビジネスや観光など、様々な目的でご利用いただけます。高い快適度を実現するための工夫が凝らされた車両で、予算やスケジュールなどご自身の条件に合うバス旅を見つけて下さい。

お役立ち

※本記事は、2019年07月24日に公開しました。
最新の情報と異なる場合があります。ご了承ください。

感想を聞かせてください!

  • おもしろかった!
  • そこそこ
  • あんまり...